メタバースとWeb3における デジタル・アイデンティティ とクリエイター・エコノミ
メタバースとWeb3における デジタル・アイデンティティ とクリエイター・エコノミ

今後Web3時代に突入することでさらなるデジタル化が進むことが予想される中、デジタル空間での自分の見せ方は更に重要度を増していきます。 デジタル・アイデンティティ は今後のブランディングに不可欠で、それに関わる知的財産の理解と、今後様々なものに応用されるであろうブロックチェーン技術について概説します。

アメリカ初の法人 DAO 組織が独自トークンの発行をめぐりSECと対立
アメリカ初の法人 DAO 組織が独自トークンの発行をめぐりSECと対立

米国で初めて法的承認を得た分散型自律組織(DAO)であるAmerican CryptoFed DAO に対して、米国証券取引委員会(SEC)は2021年9月17日付のフォームS-1登録届出書の不備を指摘し、American CryptoFedの独自トークンであるDucatとLockeの販売を禁止する登録撤回を行いました。

Uniswapがユーザーから特定の データ を収集すると発表
Uniswapがユーザーから特定の データ を収集すると発表

大手分散型取引所Uniswapは、名前やIPアドレスなどの個人情報を収集しないものの、利用者のデバイスタイプやブラウザなど一部のユーザーデータを収集していることを発表しました。プライバシーを保護しつつ データ を収集しユーザー体験の向上を行うためと説明していますが、世界最大の分散型取引所(DEX)のデータ収集による業界への影響が注目されます。

メタバース 特許のトップはどんな企業?(ヒント:メタ社ではありません)
メタバース 特許のトップはどんな企業?(ヒント:メタ社ではありません)

メタバース に関しては産業の明確な定義はまだないものの、特許データを見ると大手テクノロジー企業がメタバースの将来について明るい見通しを持っていることがわかりました。特にハードウェア系の特許を見ると、LGは2016年以降、メタバース特許の出願件数が最も多く、国別で見ると、出願した特許の57%は米国企業が占めていました。また全体では、特許の88%が米国、韓国、中国の企業によって提出されています。

米国特許庁と著作権局が NFT の知財に関する共同調査を発表:NFTを使ったメディア・コンテンツのIP所有権に関する混乱の解消に期待
米国特許庁と著作権局が NFT の知財に関する共同調査を発表:NFTを使ったメディア・コンテンツのIP所有権に関する混乱の解消に期待

11月23日、米国特許商標庁(the U.S. Patent and Trademark Office、USPTO)と米国著作権局(the U.S. Copyright Office)は、連邦官報に共同で通知を掲載し、 NFT に関する知的財産の法的問題について両機関が共同で調査を行うことを発表しました。今回の発表は、NFTの価値の乱高下により、NFTに対するメインストリームの注目が飛躍的に高まったことを受けたもので、調査結果がNFTおよびその作成に使用される基礎的なデジタルファイルの知的財産権をめぐる混乱の解消につながることが可能されています。

Bored Apeが未来のNFTアートのカタチ?権利付帯のNFTを取り扱うときの法的な注意点
Bored Apeが未来のNFTアートのカタチ?権利付帯のNFTを取り扱うときの法的な注意点
previous arrow
next arrow

お知らせ

過去のお知らせ一覧≫

カテゴリー別で読む

気になるNFT・メタバースニュース

メタバース

メタバースとWeb3における デジタル・アイデンティティ とクリエイター・エコノミ

今後Web3時代に突入することでさらなるデジタル化が進むことが予想される中、デジタル空間での自分の見せ方は更に重要度を増していきます。 デジタル・アイデンティティ は今後のブランディングに不可欠で、それに関わる知的財産の理解と、今後様々なものに応用されるであろうブロックチェーン技術について概説します。

もっと詳しく»
その他

Uniswapがユーザーから特定の データ を収集すると発表

大手分散型取引所Uniswapは、名前やIPアドレスなどの個人情報を収集しないものの、利用者のデバイスタイプやブラウザなど一部のユーザーデータを収集していることを発表しました。プライバシーを保護しつつ データ を収集しユーザー体験の向上を行うためと説明していますが、世界最大の分散型取引所(DEX)のデータ収集による業界への影響が注目されます。

もっと詳しく»
知的財産

メタバース 特許のトップはどんな企業?(ヒント:メタ社ではありません)

メタバース に関しては産業の明確な定義はまだないものの、特許データを見ると大手テクノロジー企業がメタバースの将来について明るい見通しを持っていることがわかりました。特にハードウェア系の特許を見ると、LGは2016年以降、メタバース特許の出願件数が最も多く、国別で見ると、出願した特許の57%は米国企業が占めていました。また全体では、特許の88%が米国、韓国、中国の企業によって提出されています。

もっと詳しく»
知的財産

米国特許庁と著作権局が NFT の知財に関する共同調査を発表:NFTを使ったメディア・コンテンツのIP所有権に関する混乱の解消に期待

11月23日、米国特許商標庁(the U.S. Patent and Trademark Office、USPTO)と米国著作権局(the U.S. Copyright Office)は、連邦官報に共同で通知を掲載し、 NFT に関する知的財産の法的問題について両機関が共同で調査を行うことを発表しました。今回の発表は、NFTの価値の乱高下により、NFTに対するメインストリームの注目が飛躍的に高まったことを受けたもので、調査結果がNFTおよびその作成に使用される基礎的なデジタルファイルの知的財産権をめぐる混乱の解消につながることが可能されています。

もっと詳しく»
法律・規制

DAO を訴えるのは無理? DAOを初めて訴えたOoki DAO訴訟が抱える大きな手続き上の問題

米国商品先物取引委員会(CFTC)が DAO に対する訴訟の通知をチャットボックスとオンラインディスカッションフォーラムを通じて行ったことが適切だったかについて、今第三者の専門組織による意見も考慮した検討が行われています。DAOという組織が法律上どのように扱われれるべきで、どのような訴訟の通知(送達)が適切であるかにおける議論はDAOの将来に大きな影響を与える可能性があります。

もっと詳しく»