ブランド は偽造品対策として新たなブロックチェーン技術を導入している

2021年の世界の高級品再販市場は326億ドルで、2026年には517億ドルに達すると見られています。ここ数年、中古の高級品の販売が急増しており、中古の高級品の消費にまつわる汚名が消えつつあります。しかし、この中古市場の拡大とともに模倣品が増加傾向にあり、その対策として一部の ブランド ではブロックチェーン技術を導入しています。

中古市場では偽造品が出回る可能性があり一部の ブランド はセンシティブになっている

Global Luxury Resale Market Report 2022によると、高級品再販市場は2022年から2026年の予測期間中に年平均成長率(CAGR)9.68%で成長すると予測されています。このトレンドに関連する持続可能性にもかかわらず、中古ファッションの上昇は、偽造品市場の急増と密接に関係しています。

経済協力開発機構(OECD)と欧州連合知的財産権庁(EUIPO)による「Global Trade in Fakes」レポートのデータによると、模倣品の取引は2019年におよそ4490億ドルに達しました。同報告書によると、2019年の模倣品・海賊版の取引は世界貿易の2.5%、欧州連合への輸入のおよそ6%を占めたといいます。ファッション業界では再販業界を受け入れている高級ブランドもありますが、保守的で、偽造の可能性がある場合には即座に対処することを選択するブランドもあります。例えば、ファッション大手のシャネルやティファニーが、The RealReal Inc.やeBayなどのオンラインマーケットプレイスに対して商標権侵害を起こしています。

偽造品と戦うために、複数のブランドが、消費者が本物の商品を手に入れたことを確認するために、より効率的な高級品再販認証戦略を開発しようとしています。その1つとしてブロックチェーン技術が使われています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、コンピュータシステムのネットワーク全体に複製され、分散された取引のデジタル台帳のことです。ブロックチェーンは、ネットワークメンバーの許可がなければアクセスできない不変の台帳に保存された、即時性、共有性、完全な透明性を備えた情報を提供するため、その情報配信に最適な方法です。ブロックチェーンの革新性は、データの記録の忠実性と安全性を保証し、信頼できる第三者を必要とせずに信頼を生み出すことにあります。ブロックチェーンは、ビットコインのような暗号通貨システムにおいて、取引の記録を安全かつ分散的に維持するための重要な役割を担っていることで最もよく知られています。

ブロックチェーンはどのように機能するのか?

ブロックチェーンの主なコンセプトは、さまざまな場所にある複数のネットワークノードに分散させる単一のデータベースを作成することです。このデータベースには、変更や削除が不可能な、正確で透明性のあるイベントの順序が含まれ、保存されます。このような記録は取引のリストとなり得ますが、ブロックチェーンが法的契約、身分証明書、企業の製品在庫など、他のさまざまな情報を保持することも可能です。

新しい取引が登録されると、世界中に散らばるコンピュータのネットワークに送信されます。このネットワークは、取引の正当性を確認した後、他の取引と一緒に別の「ブロック」に集積します。ブロックに格納されるデータの種類は、ブロックチェーンによって異なります。ビットコインに関するデータであれば、ブロックチェーンは、送信者、受信者、取引額などの取引に関する情報を保持します。これらのブロックは同じチェーンに表示され、ブロックが追加されるたびに前のブロックの検証が強化され、その結果ブロックチェーン全体が強化されます。このプロセスにより、登録されたすべての取引のアクセス可能な履歴が作成され、システム内の未登録の改ざんが防止されます。 

ブロックチェーンは ブランド が偽造品に対抗するためにどのように役立つのか?

ブロックチェーンは製品に一意の識別子を与えるため、原材料から販売時点まで、そして最終的には中古市場までの全歴史を追跡することができるようになります。このようにして、ブランドと消費者は、製品の真正性をデジタルで証明することができるようになるのです。スマートタグは、ブロックチェーンによる出所識別を実施するために企業が使用するものです。製品に取り付けて、製造場所を特定し、リアルタイムの位置を追跡し、さまざまな段階で特定の情報を割り当てることができるのです。スマートタグを製品に取り付けると、新しいトランザクションのデータが、対応するタイムスタンプとともにブロックチェーンに送信され、データを不変にすることで信頼レイヤーを構築することができます。これにより、関係者は出荷の追跡や履歴を最初から簡単に確認することができるようになります。

ルイ・ヴィトン、プラダ、クリスチャン・ディオールなど多くの有名高級ブランドは、すでに高度なブロックチェーン技術を導入し、偽造品との戦いに挑んでいます。ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー(LVMH)、プラダ、カルティエは共同で、製品の履歴を追跡し、高級品の真正性を証明するためのプラットフォームの提供に焦点を当てた初のブロックチェーン・システム、Auraを構築しました。マイクロソフトとブロックチェーン・ネイティブ企業であるコンセンシスが、このプラットフォームの技術基盤の開発を支援しています。

ブロックチェーン技術の出現は、企業向けにカスタマイズされた偽造防止ツールを提供するプラットフォームに大きな可能性を与えています。このプラットフォームは、分散型台帳技術を活用し、サプライチェーン全体のデジタルフットプリントを作成します。プラットフォームは、サプライチェーンにおける金銭とサービスの流れを自動化することで合理化し、不正の可能性を排除します。偽造防止用に設計されたブロックチェーン搭載のソリューションは、レガシーシステムと容易に統合することができます。このため、ブロックチェーン技術は、ファッション業界が偽造品に対抗するための費用対効果の高いソリューションとなっています。

参考記事:Brands are introducing new Blockchain Technologies to fight Counterfeit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

money
NFT

NFTのクリエイターがこれまでに得た ロイヤリティ は18億ドル

Galaxy Digitalが発表した新しい調査レポートによると、イーサリアムのNFTクリエーターはOpenSeaなどのマーケットプレイスにおける二次販売から合計18億ドルの ロイヤリティ を支払われていることが判明しました。しかし、わずか10つのNFTプロジェクトが、クリエイター・ロイヤリティの27%を独占しており、この富の集中はNFTがもたらすと期待された世界とは大きく異るデータを示しています。

もっと詳しく»