Category: NFT

ウォーホルのキャンベルスープ缶

MetaBirkin訴訟の考察: メタバーキンは「芸術的表現」ではなかったのか?

先週、フランスの高級ファッション企業であるエルメスは、米国で行われた画期的な裁判で、「MetaBirkin」NFTがエルメスのアイコンバッグであるバーキンに関する商標を侵害していると判断され、勝訴しました。これは、NFTに関連する最初の重要な知的財産権に関する判決であり、ブランド所有者にとっては朗報です。

2023年にメタバースとNFTが知的財産保護に与える影響の見通し

2023年、メタバース、ブロックチェーン技術、暗号資産に関連する知的財産の問題は、ブランドオーナーや新規参入・活動拡を計画する大企業にとって引き続き重要な問題になると考えられます。2022年には2つのメタバースとNFTの訴訟がおこり、2023年にも注目すべき重要な訴訟となりました。MetaBirkins NFTをめぐるエルメスの訴訟と、StockXに対するナイキの訴訟です。

NFT

[用途別] NFTの活用用途がもたらす新たな法律問題

NFTの利用は増え続けています。NFTは画像、動画、音楽に関連することが多いですが、開発者はNFTの新しい有用な用途を数多く検討し、試行錯誤をしています。しかし、NFTの用途が広がるにつれ、特にNFTが法律の複数の領域に触れる形で使用される場合、法的考察の幅が広がります。今回は、NFTを利用したプロジェクトの潜在的な法的影響を分析する上で、NFTを用途別に分類し、関連する法律を理解し、整理してみたいと思います。

metabirkins

[速報]  MetaBirkin NFT訴訟の判決が下る

今週、NFT(non-fungible token)に関する商標権侵害で注目されていたにMetaBirkin NFT訴訟に関して、判決が下されました。Hermès International SA (エルメス)は、デジタルアーティストのメイソン・ロスチャイルド氏が、ロスチャイルドの人気NFTコレクション「MetaBirkin」において、同社の人気ブランド「Birkin」の商標権を侵害しているとして裁判を起こしました。 審議の結果、陪審員はMetaBirkinsが実際にエルメスの商標を侵害していると判断し、ブランド側が勝利しました。

bored ape

Yuga LabsによるNFTライセンスを理解する2つのポイント

Yuga LabsによるNFTライセンスは画期的である反面、従来のデジタルコンテンツに関する知財の取り扱いとは異なる内容なため、権利周りに関する混乱が生じています。今回は、誤解されやすいBAYCのライセンスに注目して、2つの独立した権利がNFTフォルダーに提供されていることを説明していきます。

metabirkins

「MetaBirkin」NFTは商標侵害なのか、それとも、芸術表現として保護されるべきなのか?

アメリカでは、エルメスとメイソン・ロスチャイルドの間で商標の境界を試すような訴訟が続いており、知財の専門家たちはその結果に大変注目しています。この訴訟は、商標権がどのように仮想空間/メタバースに拡大し、行使されるかについて先例を作ることになりそうです。

メタバースとWeb3における デジタル・アイデンティティ とクリエイター・エコノミ

今後Web3時代に突入することでさらなるデジタル化が進むことが予想される中、デジタル空間での自分の見せ方は更に重要度を増していきます。 デジタル・アイデンティティ は今後のブランディングに不可欠で、それに関わる知的財産の理解と、今後様々なものに応用されるであろうブロックチェーン技術について概説します。

Uniswapがユーザーから特定の データ を収集すると発表

大手分散型取引所Uniswapは、名前やIPアドレスなどの個人情報を収集しないものの、利用者のデバイスタイプやブラウザなど一部のユーザーデータを収集していることを発表しました。プライバシーを保護しつつ データ を収集しユーザー体験の向上を行うためと説明していますが、世界最大の分散型取引所(DEX)のデータ収集による業界への影響が注目されます。

メタバース 特許のトップはどんな企業?(ヒント:メタ社ではありません)

メタバース に関しては産業の明確な定義はまだないものの、特許データを見ると大手テクノロジー企業がメタバースの将来について明るい見通しを持っていることがわかりました。特にハードウェア系の特許を見ると、LGは2016年以降、メタバース特許の出願件数が最も多く、国別で見ると、出願した特許の57%は米国企業が占めていました。また全体では、特許の88%が米国、韓国、中国の企業によって提出されています。