DAO を訴えるのは無理? DAOを初めて訴えたOoki DAO訴訟が抱える大きな手続き上の問題

米国商品先物取引委員会(CFTC)が DAO に対する訴訟の通知をチャットボックスとオンラインディスカッションフォーラムを通じて行ったことが適切だったかについて、今第三者の専門組織による意見も考慮した検討が行われています。DAOという組織が法律上どのように扱われれるべきで、どのような訴訟の通知(送達)が適切であるかにおける議論はDAOの将来に大きな影響を与える可能性があります。

先月、CFTCは分散型自治組織(DAO)に対して史上初の訴訟を起こしたことは記憶に新しいと思います。規制当局はサンフランシスコ連邦裁判所の訴状で、ユーザーが暗号通貨評価のロング・ショートポジションを取ることができるブロックチェーンプロトコルを管理するOoki DAOが、無登録のデリバティブ取引所として運営することで商品取引法に違反したと訴えました。

CFTCは、Ooki DAOは事実上、法人格のない団体であり、Ookiガバナンストークンを所有し、トークン保有者としてOokiガバナンス問題に対する投票権を行使したすべての人がDAOの行為に責任を負うと主張しました。

この説はCFTC内部でも激しく対立し、サマー・マーシンガー委員は、適用できない判例を振りかざし、正式な規則制定を回避して、執行による不適切な規制を行っていると同僚を非難しています。

しかし、CFTCがOoki DAOに対して訴訟の通知を含む法的文書を送達するための斬新な計画に対する挑戦という、ありそうもない文脈で、3つの暗号化団体がマーシンガーの非難を繰り返す準備書面を提出しました。

CFTCは先月、サンフランシスコのウィリアム・オリック連邦地裁判事に対し、DAOの構造は設計上、「従来の送達に大きな障害をもたらしている」と述べた。CFTCによると、この集団には物理的な本社や郵送先がない。法人役員もなく、送達を受け付ける指定代理人もいない。どの司法管轄区にも登録されていない。

しかし、CFTCは、裁判官がDAOが規制当局から逃れるために意図的に操作することで利益を得ることを許すべきではないと主張。DAOのメンバーには、Ooki DAOに関心を持つ人々に支援を提供すると称するディスカッションフォーラムやチャットボックスを備えたooki.comのウェブサイトを通じてCFTC訴訟を通知することを提案し、代替サービスを許可するようOrrickに要請しました。

CFTCは裁判官に、「Ooki DAOが一般市民が直接コンタクトするために選択した唯一の仕組み」であることから、同庁はすでに同ウェブサイトに訴訟の告知と関連文書を掲載していた、と述べました。また、ソーシャルメディアの反応から、これらの投稿は実際にOoki DAOのトークン保有者に通知したようだと同機関は述べています。

Orrickは10月3日にCFTCの申し立てを認め、チャットボックスやディスカッションフォーラムを通じて通知や文書を掲載することで、Ooki DAOへの送達が行われたと判断しました。

注目すべきは、Ooki DAOがCFTCのケースに出廷していないことです。分散型金融商品を推進するアドボカシー団体「DeFi Education Fund」、DAOのためのオープンソースの法的リソースを提供するクリプト弁護士とソフトウェア開発者のグループ「LeXpunK」、暗号企業を支援する投資会社「Paradigm Operations LP」の3団体が、CFTCの代替サービス手段に抗議する準備書面を提出しました。

大まかに言えば、各団体の準備書面は、CFTCの通知計画が憲法上のデュープロセス保護と連邦手続規則に違反しているだけでなく、DAOに送達できないことがCFTCの事件の根本的な欠陥を露呈していると主張しています。Ooki DAOは、共通の目的を達成するために協調して行動する、定義されたメンバーシップを持つ団体ではない、とその代理人は主張しました。

「委員会は重要な問題を飛び越えている」とサリバン&クロムウェルのDeFi教育基金弁護団は主張しています。「DAOにどう対応するかを決める前に、委員会はまず、DAOが訴訟の被告としてふさわしい存在かどうかを問わなければならない」と主張しています。

CFTCはOokiトークン保有者を「集団的なビジネス企業」として描きたいのだと、ブラウン・ラドニックのLexPunK弁護士は付け加えました。しかし、それはDAOの仕組みとは異なると、同弁護士は主張します。トークン保有者はoki.comのウェブサイトを使う必要はなく、またそれどころか、どんな中央プラットフォームでも、投票したりOokiの問題を議論したりすることができると、アミカス・ブリーフは主張しました。また、トークン保有者がOokiの特定の提案に投票する場合、LexPunKの準備書面では、彼らは通常、「もっぱら自分たちの個人的、個別的、非関連的な利益を促進するために」そうするのだと述べています。

3人の法廷弁護士は、CFTCの目標は、違法とされる行為に従事した個々のトークン保有者を特定し、従来のプロセスを通じてそれらの個人にサービスを提供するのではなく、DAO全体に対してデフォルト判決を得ることであると仮定しています。そうすれば、CFTCが強制措置によってDAOを規制しようとすること自体が行政手続法違反であると主張する個々の被告からの異議申し立てを回避できるとLeXpunKは主張しています。

CFTCが一部のOoki DAOトークン保有者に商品取引所法違反の責任があると考えるなら、CFTCはDoe被告に対して訴訟を起こし、不正行為者とされる人物を特定するための証拠開示を求めるべきだったとLexPunKは述べています。その代わりに、LeXpunKは、「CFTCはDAOが人であるという理論を発明し、ウェブサイト上のチャットボックスを通じて送達することができるという規則を発明した 」と主張しました。

CFTCがウェブサイトを通じてトークン保有者にサービスを提供するという前例のない試みは、DAOが一般企業ではなく、「広く、解離した人々の集合」であることを認めない同庁を象徴していると、Jones DayのParadigmの弁護士は主張しました。そして、これらの人々の誰も、CFTCが互いの行動に対して責任を負わせようとすることを公平に警告していなかったと、Paradigm社は述べています。

「これらは重大な主張であり、裁判所は、委員会の強制措置を進める前に、憲法上十分な手続きを要求することから始め、非常に慎重に検討すべきである」とパラダイム社の準備書面は述べています。

オリック判事は、アミカスの提出を、DAOの代替送達手段を承認した命令を再考するための動議として扱うと述べました。(同裁判官は、CFTCに対し、11月7日までにアミ カスの主張に反論するよう求め、11月30日に審理を行う予定です。 

参考記事:You can’t serve notice to a crypto collective, say crypto groups in Ooki lawsuit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

法律・規制

スマートコントラクト は古臭い契約書の代わりになるのか?

暗号資産関連のサイトに行くと古臭い紙ベースの契約書の代わりに スマートコントラクト を活用するべきというコラムをよく見ます。しかし、このような極端な考え方にはムリがあり、現実的な運用としては、スマートコントラクトと一般的な契約書を併用する形が理想的だと思われます。

もっと詳しく»
NFT

NFTライセンスにおいてよくある失敗を解決するための対処方法

ブロックチェーンやNFTはまだ新しい技術であるため、その法的基盤はまだ発展途上であり、潜在的な脆弱性が存在します。その1つにNFTに関するライセンスがあり、今後のNFT業界が普及していくには、NFTライセンスに関わる問題を解決していかなければなりません。今回は、NFTライセンスでよくある3つの失敗に対する解決策を探ることにします。

もっと詳しく»