メタバース を使っている人は数十人?有名メタバースプラットフォームはどれくらい使われているのか?

イーサリアムブロックチェーンベースの メタバース プロジェクトであるDecentralandとthe Sandboxは、DappRadarが発表したプラットフォームのデイリーアクティブユーザー(DAU)のそれぞれの測定に「誤った」測定基準が使用されていると主張し、プラットフォームのデイリーユーザーアクティビティの低さを示唆するレポートに反撃しています。

どうデイリーアクティブユーザーを測定するべきか?

この論争はDappRadarから発信されたデータが始まりのようで、DappRadarはDecentralandメタバースが12億ドル以上の時価総額を持ちながら30人のDAUしかいないと指摘していました。

しかし、Decentralandは10月8日のツイートで、「一部のウェブサイトは特定のスマートコントラクト取引のみを追跡しているが、デイリーアクティブユーザーとして報告している[…]これは不正確である」と述べています。

また、SandboxのCEOであるArthur Madrid氏は10月10日、”on chain transactions does not mean Users “と、nonfungible token(NFT)オーナーは “Utilitiesに基づいて時間をかけて価値を高める資産に投資している “とツイートしています。

Decentralandはそのツイートで、”より良いデータ “はDecentralandのためにカスタムビルドされたデータアグリゲーターであるDCL Metricsを参照するべきで、DAUを “ログインして区画から移動する人々 “の数で測定していると述べています。

アクティブユーザーは月間56,700人なのか、それとも1,074人なのか?

Decentralandの9月のデータでは、56,700人の月間アクティブユーザーがいますが、実際にDecentralandのスマートコントラクトとやり取りしたのは、そのうちの1.89%にあたる1,074人だけなので、この区別は重要な意味があると言えます。

同様にSandboxは、自社のプラットフォームのDAU数が少ないことを示唆するデータに反論し、Twitterで「月間アクティブユーザー数は201,000人」と述べています。

メタバース におけるエンゲージメント低下の懸念

しかし、これはブロックチェーンのデータが文脈なしに解釈されるべきではないことを示していますが、最近のRedditのスレッドによると、ユーザー体験とエンゲージメントが最大の懸念材料であるように見えます。

このスレッドでは、ある投稿者がDecentralandを “Desertedland “(荒涼とした大地)と呼び、別の投稿者は人気のメタバースゲームが 「ゴーストタウン」になってしまったと述べています。

このコメントの背景には、最も有名なメタバースプロジェクトでさえ、現在の仮想通貨の低迷で前例のないプレッシャーに直面し、それがトークン価格の急落を引き起こしているのかもしれません。

Decentraland (MANA) の価格は現在0.65ドル程度で、史上最高値(ATH)の5.85ドルから88.8%下落し、時価総額は14億3000万ドルほどに落ち込んでいます。

一方、Sandbox(SAND)の価格は0.78ドルで、史上最高値の8.40ドルから90.6%下落し、時価総額は23億6000万ドルとなっています。

参考記事:Metaverse platforms refute ‘misinformation’ about daily active users

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT

Can’t Be Evil NFT Licenses はNFTの知財問題を解決できるのか?

NFTライセンスに係る詳細なレポートやA16zによるライセンスの標準化の動きなど、NFTの知財への関心が高まっています。そこで改めて、トップ NFT プロジェクトの現在の規約から、NFT保有者に与えられている権利を見ていきたいと思います。今回は「所有権」(Ownership)に注目し、具体的な規約を用いて、一部IPのライセンス対象になる以外にNFT自体の所有権にはほぼ何の意味もないこと、そして、知的財産の権利者は別にいることを解説していきたいと思います。

もっと詳しく»
知的財産

メタバース時代における 知的財産 のリスク、保護、管轄権、権利執行

メタバースが多くの人々に使われ現実世界と同じような機能を満たすようになるにつれ、 知的財産 における問題もメタバースで増えてくることが予想されます。そこで、今回は商標、特許、著作権を中心にメタバース時代における知的財産のリスク、保護、管轄権、権利執行について考察してみました。

もっと詳しく»