Metaのインフィニティ・ロゴをめぐる商標侵害訴訟の1つが決着へ

Meta(旧Facebook)はロゴの商標侵害で争っていたブロックチェーン非営利団体Dfinity Foundationとの問題を解決し、裁判所にこの訴訟を却下するよう要請しました。しかし、Metaの社名変更をめぐる訴訟は少なくとも2件あり、それらは継続しています。

ケース:Dfinity Foundation v. Meta Platforms Inc, U.S. District Court for Northern District of California, No.3:22-cv-02632 

インフィニティ・ロゴをめぐる商標侵害訴訟の結果とそれまでの経緯

メタ・プラットフォームズ・インクとブロックチェーン非営利団体Dfinity財団は、無限大を意味するロゴをめぐるDfinityのメタに対する商標訴訟を解決したと、サンフランシスコ連邦裁判所に共同で書類を提出し、この訴訟を却下するよう要請しました。

スイスに本拠を置くDfinityのInternet Computerは、スマートコントラクトをホストするために設計された「無限」のパブリックブロックチェーンネットワークです。Dfinityは昨年、MetaがFacebookから社名を変更した後に採用したロゴが、Dfinityのインフィニティマークの商標と混乱を引き起こすと主張し、Metaを訴えていました。

Metaはそのロゴを、「メタバースにおける無限の地平」を象徴する、文字「M」と無限記号の両方に似た「連続ループ」であると説明しており、チャールズ・ブレイヤー連邦地裁判事は11月、Dfinity社の当初の訴えを棄却し、同社が訴えを修正することを認めていました。ブレイヤー判事は、ロゴのデザインの違いや、Dfinity社の顧客が 「技術に精通した開発者」であることなどを理由に、Meta社のロゴが消費者の混乱を引き起こす可能性は低いと述べていました。

Dfinity社は12月に修正訴状を提出しましたが、Meta社が修正した訴状の「欠陥を指摘」 したため、訴訟を取り下げたということです。

しかし、Meta社は、社名変更をめぐって、仮想現実企業MetaX社と投資会社Metacapital社から商標権に関する訴訟を起こされています。これらの社名変更に関する訴訟は継続しています。

参考記事:Meta, nonprofit end U.S. lawsuit over infinity-logo trademark

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT
知的財産

米国特許庁と著作権局が NFT の知的財産への影響を調査へ

NFT への関心が高まる中、米国特許商標庁と米国著作権局が、 NFT による知的財産権への影響に関する調査を始めることになりました。すでに NFT 販売に係る知財訴訟も起こっているので、両行政機関による調査は今後の NFT と知財の関係性を明確にし、然るべきルール作りに不可欠なものになると思われます。

もっと詳しく»
Contract-signing
NFT

NFTの 契約 関係で対処・検討すべき主な問題点

変化の激しいくいまだ法的には不確実なNFT市場に参集する場合、 契約 はとても重要になります。契約を的確に使うことで、早期に当事者の特定の役割や義務を明確にすることができ、その結果として、ビジネスチャンスを最大化し、リスクを軽減することができます。今回は、NFT関連の業務に係る契約の種類とNFTの契約関係で対処・検討すべき主な問題点をいくつか紹介します。

もっと詳しく»
ai computer code
知的財産

NFTとメタバースに関する知財問題はAIによってより複雑になる

ChatGPTやDALL-E-2などのAIツールが注目を集めていますが、これらのAIツールの活用はNFTとメタバースに関する知財問題をさらに複雑にする要因の1つにもなっています。今回は、AIが作成したコンテンツに対する知財権の権利行使とAIによって作成されたコンテンツに発せうする権利やAIそのものを教育するために使われる著作物の取り扱いについて、知財の問題点をまとめてみました。

もっと詳しく»