MetaBirkin訴訟の考察: メタバーキンは「芸術的表現」ではなかったのか?

先週、フランスの高級ファッション企業であるエルメスは、米国で行われた画期的な裁判で、「MetaBirkin」NFTがエルメスのアイコンバッグであるバーキンに関する商標を侵害していると判断され、勝訴しました。これは、NFTに関連する最初の重要な知的財産権に関する判決であり、ブランド所有者にとっては朗報です。

陪審員は、Rothschild氏の「MetaBirkin」(エルメスのバーキンバッグを加工した画像からなるNFTの造語)がエルメスの「Birkin」の商標を侵害していると判断しました。これにより、エルメスには13万3千ドルの損害賠償が認められました。

芸術表現という証明はむずかしかった

陪審員は言論の自由と芸術の境界に関する複雑な問題に取り組まなければなりませんでしたが、本質的な問題はとても単純です。Rothschild氏は自分のNFTへの関心を高めるためにバーキンのマークとその名声と評判を不当に利用したか?陪審員団は、バーキンのマークを不当に使用し、NFTへの関心を高めているとして、これを認めました。

Rothschild氏は、メタバーキンは「芸術的表現」であると主張し、ウォーホルのキャンベルスープ缶との類似点を引き出そうとしましたが、陪審員を説得できなかったようです。裁判の初日、裁判所は、この主張を支持する証拠を提出する予定だったRothschild氏の重要な専門家証人、アンディ・ウォーホルを専門とする美術評論家を解任しており、今回のような結論になったのも当然だったのかもしれません。

今回の侵害認定とTwitterでの被告の反応は、Metabirkinsが芸術的表現とは見なされないことを示唆しており、おそらくウォーホルのキャンベルスープの缶の絵とは対照的であると思われます。この結論がNFT全般に影響を与えるのか?、与える場合、アートと侵害品の区別がどのでなされるのか、この訴訟結果の影響は今後のNFT業界に物議を呼びそうです。

参考記事:Hermès’ Birkin not drowned by Campbell’s soup: the MetaBirkin decision

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

メタバース

メタバース は知的財産権をどう変えるか?

メタバース が注目されるにつれ、今の産業・芸術の発展に欠かせない知的財産も大きくも大きく変わる可能性があります。今回は、商標、著作権、特許という知的財産の代表的な権利について、 メタバース やNFTが与える影響を考察していきます。

もっと詳しく»
locked-door
NFT

スマートコントラクト のミスにより3400万ドルのETHがロックアップされる

AkuDreamsと呼ばれるNFTプロジェクトは、 スマートコントラクト のバグを悪用した攻撃に遭い、その結果、3400万ドルに相当するETHがスマートコントラクトから引き出せなくなりました。コーディングのエラーは死活問題になりかねないので、最新の注意を払い、十分な監査や懸賞金プログラムなどの仕組みも考慮するべきでしょう。

もっと詳しく»
construction site
NFT

建設業におけるサステナビリティ:中古品の出所確認にブロックチェーンとNFTを活用

将来のさらなる中古の技術や商品、複合材料の再利用や転用は、より持続可能な建設産業を実現する上で重要な役割を果たします。しかし、中古品となると出所や状態などを検証するツールが必要になってきます。そこで、中古品の出所確認にブロックチェーンを活用する可能性を考察してみます。

もっと詳しく»