メタバース 特許のトップはどんな企業?(ヒント:メタ社ではありません)

メタバース に関しては産業の明確な定義はまだないものの、特許データを見ると大手テクノロジー企業がメタバースの将来について明るい見通しを持っていることがわかりました。特にハードウェア系の特許を見ると、LGは2016年以降、メタバース特許の出願件数が最も多く、国別で見ると、出願した特許の57%は米国企業が占めていました。また全体では、特許の88%が米国、韓国、中国の企業によって提出されています。

メタバース =メタ社ではない

多くのメタバース批評家は、業界の成功の可能性をマーク・ザッカーバーグとメタ社がこれまでに達成したことに結びつけているようです。彼らの考えでは、メタバースについて最も発言力のある大手ハイテク企業が目標達成に苦労しているようなので、メタバースは明らかに夢物語であると批判しています。

しかし、FacebookがMetaにブランド変更するずっと前から特許出願という指標でメタバースを見てみると、メタバースはメタ社だけでなく、多くの大手テクノロジー企業が注目していることがわかります。実際、2016年以降に出願された特許に関して言えば、メタはメタバースレースをリードしてさえいないのです。

日経が発表したレポートによると、2016年以降にメタバース特許を最も多く出願したのは、韓国の電子機器大手LGでした。世界的な電機メーカーであるサムスンは2011年以来その地位を維持していて2位、メタ社はトップ10に登場する米国企業をリードして3位を占めました。

名だたるテクノロジー企業大手が メタバース に積極的な特許出願をしている

意外にもメタバースに対する最大の批判者の一人であるアップルがトップ10に取り上げられていました。アップルは、没入型コンテンツの追求と拡張現実ヘッドセットの開発を行っていますが、メタバースという言葉を拒否しています。

その他にも、世界ランキングで5位に入ったマイクロソフトのほか、米国最大のチップメーカーであるインテルもランクインしています。インテルがメタバースに関するヘッドラインを独占していないことを考えると、これも驚きです。

日本企業で言うと、トップ10に唯一ランクインしているのはソニーで、6位となっています。

全体として、メタバース特許を申請した上位20社は7,760件の特許を出願し、米国企業が約57%を占め、次いで韓国が19%、中国が12%、日本企業は8%でした。

特許の中身を見ると、ディスプレイの配色や半導体など、メタバースに関連するハードウェア技術が韓国企業の主要なターゲットになっていることがわかり、その一方で、4位にランクインした中国の大手ハイテク企業Huaweiは、画像やディスプレイ処理に関する特許を多数出願していました。

参考文献:LG, Samsung, Huawei build trove of metaverse patents: survey

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

法律・規制

州規制当局が NFT カジノプロジェクトを証券違反で告発

4つの州の規制当局が団結して、証券法に違反するNFTを販売したメタバースカジノを告発しました。テキサス、ニュージャージー、ケンタッキー、アラバマの各州の証券規制当局は、ジョージア国トビリシに拠点を置く仮想賭博事業体のSlotie NFT に対して緊急停止命令書を提出しました。

もっと詳しく»
訴訟・係争

仮想通貨取引所Coinbaseが 集団訴訟 で訴えられる

Coinbaseが 集団訴訟 で訴えられました。一部の利用者が規約の仲裁ポリシーは強制力を持たないと主張し、裁判所による救済を求めています。これに対し、Coinbaseは規約による仲裁を主張しましたが、判事は認めませんでした。これにより裁判所における訴訟が継続することになりました。

もっと詳しく»
global world
NFT

メタバース ビジネスの知的財産権、独占禁止法と、国際情勢

今後 メタバース が成長し巨大市場になることも予測されている中、 メタバース に取り組んでいる、または取り組もうとしている企業も多いことでしょう。そのために、今回は メタバース ビジネスを展開する上で、重要な知的財産(IP)および独占禁止の問題を検討し、特にアジア市場を中心とした国際情勢を解説します。

もっと詳しく»