メタバース 内における知的財産侵害にどう対抗するのか?

知的財産(IP)を保護しようとするクリエイターにとって、 メタバース における知的財産権の行使は、難しいと思えるかもしれません。そこで、今回はオンライン上の知的財産権が通常どのように執行されるかを知り、そのモデルがメタバースにどのように適用される可能性があるかを検証しました。

権利行使を効果的にするには利用規約の理解が大切

メタバースがブロックチェーンや土地所有権に関連していることから、メタバースにおける知的財産権の行使は、YouTubeなどの従来のメディアプラットフォームにおける行使とは違う元の考えるかもしれません。しかし、メタバースにおける知的財産のエンフォースメントは、メタバース以外の権利行使とそれほど違うのでしょうか。その答えは複雑で、異なるメディア・プラットフォームやメタバース企業が実施する利用規約に大きく依存します。

メタバース 外での権利行使の方法は様々ある

まずはメタバース以外の場所での知的財産の権利行使を考えてみたいと思います。

通常の権利行使は、主に様々なプラットフォームの利用規約に基づく自己管理、侵害コンテンツの削除を求める訴訟、および国際的な紛争解決機関の組み合わせによって管理されています。

侵害の種類によって、利用できる紛争解決手続きは異なります。例えば、他人の商標がドメイン名で使用されていることに異議を唱える場合、商標権者は世界知的所有権機関(WIPO)に統一ドメイン名紛争解決方針(UDRP)の訴状を提出することができます。レジストラは、ドメイン名を登録するすべてのウェブサイト所有者に対し、UDRP紛争解決条項への同意を求める必要があり、WIPOの管理パネルが、ドメイン名が他人の商標と混同するほど類似しており、ドメイン名に対する正当な利益がなく、悪意を持って登録されたと判断すれば、レジストラはドメインをキャンセルして正当な商標所有者に譲渡する権限を有します。

しかし、この手続きは、ドメイン名(つまりURL)の商標権侵害に対してのみ利用可能です。ウェブサイトのページ内で発生した商標権侵害(および著作権侵害)については、商標権者または著作権者は、ウェブサイトの所有者、ウェブサイトのホストまたはプラットフォーム(第三者のコンテンツの場合)に対して、各事業者の利用規約で定められている多くの手続きに従って、削除を要求することができます。ウェブサイトの所有者、ホストまたはプラットフォームがコンテンツを削除しないことを選択した場合、訴訟が唯一の残された選択肢となる可能性があります。

著作権侵害(商標権侵害は除く)については、デジタルミレニアム著作権法(DMCA)により、特に「侵害を主張する、または侵害行為の対象であると主張するコンテンツを削除し、またはアクセスを不能にするために迅速に対応する」サービスプロバイダーに対する責任を制限するセーフハーバーが設定されています。(17 U.S. Code Section 512)。DMCA は、サービスプロバイダが他人の著作権を侵害するコンテンツを速やかに削除するよう促すものであり、一部のサービスプロバイダの著作権を尊重する利用規約と自己監視システムを構築するきっかけとなったと思われます。例えば、YouTubeの利用規約は、知的財産権を侵害するコンテンツのアップロードを禁止し、YouTubeに問題とされるコンテンツを削除する権限を与え、著作権削除要求の提出のための指定代理人を提供し、侵害を繰り返すアカウント所有者の終了を可能にしています。

YouTubeやFacebookなどのプラットフォームに投稿された第三者のコンテンツとは異なり、ウェブサイト運営者自身が他人の著作権や商標権を直接侵害している場合、権利所有者はウェブサイトのホスティング会社に侵害を報告することができます。しかし、そのようなコンテンツを削除する唯一の効果的な手段は、訴訟を提起し、ウェブサイトホストにコンテンツの削除を命じる差止命令を裁判所から得ることである場合が多いのです。

メタバース における権利行使は通常とそれほど変わらない

メタバースを見ると、権利行使の状況はそれほど外の世界とそれほど変わっていないことがわかります。

ここで、注意しなければならないのは、すべてのメタバースがブロックチェーンや土地所有権に関連しているわけではないことです。例えばMetaのHorizon Worldsは、ブロックチェーン上にないメタバースであり、またそのメタバースにおける土地所有権を規定していません。そして、少なくともHorizon Worldsの利用規約に基づけば、そのメタバースにおける知的財産の行使は、外部における知的財産の行使とよく似ているように見えます。大まかに言うと、Horizon Worldsなどの製品を対象とするMeta社の利用規約も同様に、知的財産権を侵害するコンテンツを禁止し、違反と判断したコンテンツを削除する独自の裁量権を与え、あらゆる侵害(著作権と商標の両方を含む)の通知を提出する指定代理人を規定しています。さらに、このような違反を繰り返す人のアカウントを無効にしたり削除したりすることも可能です。このように、少なくとも知的財産権の行使に関連する一般的な内容については、Metaの利用規約はかなり一般的なものに見えます。

参考記事:Intellectual Property Enforcement in the Metaverse, Part 1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

worry
NFT

総額2540万ドル以上におよぶ「盗難」されたトップNFTプロジェクトと 盗難 対処の限界

OpenSeaで取り扱われている人気NFTプロジェクトの中で「盗難」が報告された総数は多く、金額にして2540万ドル以上の損害になっています。しかし、多くの 盗難 が詐欺をきっかけにしたものであり、また「盗まれた後」の対策にも限界や矛盾点もあるため、NFTの盗難対策は今後大きな問題になっていくでしょう。

もっと詳しく»
NFT

利用規約から見る NFT の「所有権」の真実

NFTライセンスに係る詳細なレポートやA16zによるライセンスの標準化の動きなど、NFTの知財への関心が高まっています。そこで改めて、トップ NFT プロジェクトの現在の規約から、NFT保有者に与えられている権利を見ていきたいと思います。今回は「所有権」(Ownership)に注目し、具体的な規約を用いて、一部IPのライセンス対象になる以外にNFT自体の所有権にはほぼ何の意味もないこと、そして、知的財産の権利者は別にいることを解説していきたいと思います。

もっと詳しく»