メタバース 標準化フォーラムと標準化開発組織のメリット

2022年6月21日、メタバース標準化フォーラム(Metaverse Standards Forum: MSF)が発表されました。MSFは「オープンな メタバース のための相互運用性標準を育成する」ことを目的としており、その存在はメタバース技術の発展を加速させる可能性があります。この記事では、標準化団体(standards development organization: SDO)の概要と、SDOがどのように競合企業間の協力を通じて技術を発展させているかを紹介します。また、MSFが知的財産を含め、SDOとの差別化を図る方法とその理由についても探っていきます。

SDOsとは何か?

SDOsとは、グローバルな技術標準を開発するために、競合する団体が協力することです。このようなコラボレーションがなければ、互いに互換性のない競合する技術が出現します。例えば、国際旅行したことがある人は、他の国のコンセントが違う形だったり電圧や電流が異なったりすることを知っていると思います。そのため、渡航先に合わせて旅行者はかさばる変換器や電圧調整器を持っていく手間があります。この問題は、全世界のプラグとコンセントの仕様を統一するグローバルスタンダードがあれば、もっと早くから解決できたはずです。

このコンセントの例から言えることは、SDOが最も注意を払うべき場所は「インターフェース」、つまり2つのコンポーネント(例えば、プラグとコンセント)の間のスペースであることです。インターフェイスは、コンポーネントが何らかの形で相互作用する必要のあるエンジニアリングプロジェクトに大きく関わっており、エンジニアはコンポーネント間の接続の開発に多大な時間を費やすことになります。コンセントの例では、建築業者はコンセントを設置する必要があり、電機メーカーは機器にプラグを取り付ける必要があります。ここでいうインターフェースとは、両端がどのような形状であれば両者がフィットするか、また、コンセントが供給する電圧とプラグが受け取る電圧はどうあるべきかという問題があります。これらの問題に対する答えを標準仕様書として定義することで、プラグメーカーとコンセントメーカーの双方が、互いに何を期待すべきかを理解するための基準点を持つことができます。

電源プラグとコンセントの世界標準化は実現しなかったので、旅行者は自分専用のインターフェース、つまり片方はどんなタイプのプラグにも、もう片方はどんなタイプのコンセントにも対応する電源アダプターを用意する必要があります。これらの電源アダプターは、事実上、無粋で不必要なエンジニアリングの産物です。

SDO の成功

電気プラグやコンセントはグローバルスタンダードの対象ではありませんが、他の多くの産業はグローバルスタンダードを採用し、市場で大きな成功を収めています。そのような成功の最も良い例が、グローバルな携帯電話通信の仕様を策定する第3世代パートナーシップ・プロジェクト( 3rd Generation Partnership Project: 3GPP)でしょう。

3GPPは、電気通信における「電気プラグ問題」を解決するために生まれました。1980年代から1990年代にかけては、地域ごとに異なる携帯電話規格が存在していました。ここでは、それらの「第1世代」(1G)規格の一部を紹介します。AMPS(米国と南北アメリカ)、NMT(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、アイスランド)、TACS(英国)、C-Netz(西ドイツ、ポルトガル、南アフリカ)、Radiocom 2000(フランス)、RTMI(イタリア)、MCS-L1/L2(日本)です。このように携帯電話の規格が細分化されたことで、携帯電話(当時は非常に大型のもの)は国内でしか使えないということになっていました。国によって電話機やネットワークのインターフェースが異なるため、互換性がないのでそのような結果になってしまったのです。

1990年代初頭、欧州電気通信標準化機構(European Telecommunications Standards Institute: ETSI)は、携帯電話とネットワークの間のインターフェイスを固定化し、定義するようなグローバルな携帯電話規格の構築を目指しました。 その結果、GSM(Global System for Mobile Communications)が誕生し、ヨーロッパ全土に広がり、SIMカードやSMSメッセージなど、携帯電話技術に多くの重要な進歩をもたらしました。 GSMは最終的に米国市場の約半分を占めましたが、その市場も分断されていました。 米国の携帯電話の残りの約半数は、IS-95(CDMA)規格を使用していました。

3GPPは、真のグローバルな携帯電話規格を策定するために1998年に設立されました。 3GPPは、それまで各国の携帯電話規格を開発していたSDOの傘下組織として活動しています。 3GPPは、まずGSMにデータトラフィックを追加することに取り組み、その後、最初の真のグローバルな携帯電話規格であるUMTSを構築し、「3G」として一般に販売されました。

それ以来、3GPPは消費者によく知られている他のグローバルな携帯電話規格を開発してきました。LTEと5Gです。海外旅行者が海外ローミング料金を気にする必要はありますが、携帯電話とネットワークの通信インターフェースは世界共通なので、地球上のどこでも使えます。このように携帯電話の標準化の歴史は、分断されていた仕組みが世界共通語になることで利便性が格段に上がりました。

3GPPの成功は、今日スマートフォンを使っている人なら誰でもわかることです。3GPPのネットワークには、ユーザーに高速データを提供するために利用可能な最高の電気通信のアイデアが盛り込まれています。興味深いことに、これらのアイデアは携帯電話市場の熾烈な競争相手から生まれたものです。これらの競合他社は、可能な限り最高の携帯電話規格を開発するために協力していますが、それぞれが最高のスマートフォンとインフラ機器を構築するために競争を続けています。 

SDOにおける知的財産権

インターフェースに関する協力と、製品の他のすべての要素に関する熾烈な競争が混在することで、知的財産権(通常「IPR」と呼ばれる)に関して緊張が生まれます。SDO に参加する企業は、標準を定義すると同時に、関連する特許技術を開発していることがよくあります。これらの事業者は、グローバルに採用されることで特許の価値が高まるため、SDOで開発中のグローバル標準の一部として、その特許技術を採用したいと考えるかもしれません。

このような協力と競争の間のIPRの緊張関係を解消するため、SDOは通常、参加企業に対し、開発中の標準に不可欠なIPRをオープンに宣言するよう求めています(例えば、3GPPは、参加企業に対し、標準に不可欠なIPRをオープンに宣言するよう求めています)。企業はIPRを宣言する必要があり、その宣言によりSDOの全メンバーが技術内容を知ることができます。SDOが特許技術を採用した場合、宣言した企業はグローバルな利用から利益を得ることができますが、多くの場合、公正、合理的、非差別的(FRAND)な条件で他者に技術をライセンスすることに同意する必要があります。

メタバース 標準化フォーラムへの参加

3GPP と同様に、MSF は様々なメタバース SDO の傘下組織として位置付けられています。

メタバース 標準化フォーラム

しかし、3GPPとは異なり、MSFは「別のSDO」ではなく、すべての標準化活動はメンバーのSDOの中で行われると明言しています。その代わり、MSFはさまざまなSDO間の相互運用性を促進することに重点を置いています。

例えとして、MSFが解決しようとする問題を、コンピュータにおける相互運用可能な標準の問題になぞらえています。コンピュータは、無線LANのWi-Fi、近距離無線接続のBluetooth、映像出力のHDMI、周辺機器のUSBなど、様々な世界標準の集合体です。これらの様々な標準規格は、コンピュータが動作するために、標準化されたインターフェースを使って互いに「対話」する必要があります。メタバースの文脈でも、同じような同じ問題が発生します。ハードウェア標準(例:ヘッドセット機器)やソフトウェア標準(例:仮想資産や仮想世界)を開発するSDOのホストが存在します。システム(または複数のシステム)がこれらのメタバース標準を利用するためには、標準化されたインターフェイス上で相互運用する必要があります。MSFは、”プロトタイプ、ハッカソン、プラグフェスト、ツーリングプロジェクト “を通じて相互運用性を促進することを計画しています。MSFが取り組む可能性のあるトピックの初期リストには、メタバースドメインのほぼ全体にまたがる次のようなものがあります。

MSFはまた、”IPフレームワークを必要としない “ことを特徴としています。これはおそらく、MSFがIPR宣言ポリシーを持たず、FRAND条件でのライセンスも要求しないことを意味していると思われます。その代わり、メンバーであるSDOのIPR宣言ポリシーが(もしあれば)それが適用されることになります。

MSFはまだ活動を始めたばかりですが、3GPPが携帯電話ネットワークに対して行ったことをメタバースに対して行う可能性があります。つまり、この分野における最高のアイデアを促進し、消費者に利益をもたらすソリューションを構築し、この技術の採用を加速させるということです。

参考記事:The Metaverse: Metaverse Standards Forum and the Benefits of Standards Development Organizations

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

apparel store
NFT

MetaBirkin訴訟における判決はファッションとメタバースの未来をどう変えるのか?

世界のファッション市場は、メタバースとNFTの出現により、前例のないデジタルトランスフォーメーションを経験しています。メタバースはまだ初期段階にあるため、ファッションブランドは、Hermes v. Rothschildの「MetaBirkin」紛争を、メタバースにおける商標権侵害の構成要素に関する将来の境界線を定めるのに役立つ力を持つケースとして注視してきました。

もっと詳しく»
worry
詐欺

最新のTwitterで話題のNFT 詐欺 8選

最新のツイッタースレッドから詐欺師がNFT保有者から資金やNFTを騙し取るために使っている巧妙な手口を8つ紹介します。 詐欺 の手口は常に新しいものができるので、切りがありませんが、最新の手口を知ることで、すこしでも被害に遭うリスクを低くするように努めてください。

もっと詳しく»
bored ape
知的財産

Yuga LabsによるNFTライセンスを理解する2つのポイント

Yuga LabsによるNFTライセンスは画期的である反面、従来のデジタルコンテンツに関する知財の取り扱いとは異なる内容なため、権利周りに関する混乱が生じています。今回は、誤解されやすいBAYCのライセンスに注目して、2つの独立した権利がNFTフォルダーに提供されていることを説明していきます。

もっと詳しく»