メタバースとWeb3における デジタル・アイデンティティ とクリエイター・エコノミ

今後Web3時代に突入することでさらなるデジタル化が進むことが予想される中、デジタル空間での自分の見せ方は更に重要度を増していきます。 デジタル・アイデンティティ は今後のブランディングに不可欠で、それに関わる知的財産の理解と、今後様々なものに応用されるであろうブロックチェーン技術について概説します。

デジタル化が進む世界

今後のビジネスにおいて、さらなるデジタル化されています。世界のほぼすべての産業で、企業が何らかの形でデジタルプレゼンスを確立し、商取引やマーケティング・コミュニケーションを円滑に行うという変革が起きているのです。新世紀に入り、このデジタルプレゼンスは、ウェブサイト、バナー広告、電子メール購読、情報ベースのソーシャルメディアプロフィールページの形で提供されるようになりました。現在では、デジタルプレゼンスは、仮想領域や拡張現実にまで広がっています。しかし、これらすべてのチャネルに共通するのは、デジタル・アイデンティティです。

デジタル・アイデンティティ とは何か?

デジタル・アイデンティティは、一般に2つの方法で定義できます。まず、デジタル・アイデンティティは、政府機関などの認証機関によって検証された個人または企業に関するデータの集合体と見なすことができます。この種のデジタル ID は、オンライン・バンキングや医療記録へのアクセスに使用されると考えてください。

あるいは、デジタル ID は、マーケティング目的で個人やブランドに関連付けられたオンライン・デジタル・ プレゼンスを指すこともあります。これは「ソフト」デジタル ID と呼ばれることもあり、ソーシャルメディア・プロフィール、電子メール・アカウント、またはメタバースでのプレゼンスが含まれる場合があります。この記事で使用するデジタル・アイデンティティという用語は、後者のタイプを指しています。

デジタル ID は、フォロワーを作り、そのフォロワーに情報(コンテンツ) を提供して生活の何らかの側面を改善するために使用されます。コンテンツの性質や対象はさまざまですが(旅行から衣類、消費者レポートから投資アドバイス、世界情勢から法律情報まで)、どんなトピックであれ、コンテンツは通常、消費者が進んでオープンに受け取り、通常は無償で提供されるものです。

デジタル・アイデンティティ の価値

しかし、デジタル・アイデンティティの何が価値を生んでいるのでしょうか?なぜ消費者は、ソーシャル・メディアのアカウントや電子メールを通じて示されたものを購入したり、活動を支援したりする可能性が高いのでしょうか。その答えは、一言で言えば「信頼」です。

デジタル・アイデンティティは、消費者の興味や重要な問題に関連したターゲット情報を提供することで、消費者が雑多な情報をフィルタリングするのを助けます。コンテンツ制作者は、フォロワーにとって関連性のある有益な情報源となることで、オーディエンスとの信頼関係を築き、口コミ広告を通じてブランドを有機的に成長させ、最終的には購買行動に影響を与えることができるのです。つまり、デジタル・アイデンティティは、信頼を意味するのです。信頼は、コンテンツ提供者(「インフルエンサー」と呼ばれることもある)にとって、より多くの購入と収益の増加につながります。

クリエイター・エコノミー

個人やブランドのオーナーは、コンテンツを自分のデジタル・アイデンティティと結びつけることで、「現実の自分」の延長線上にあるツールとして利用することができます。このデジタルエクステンションにより、クリエイターはインターネット経済にアクセスし、コンテンツを収益化することができます。このようなコンテンツ制作者のマネタイズは、クリエイター・エコノミーと呼ばれています。

クリエイター・エコノミーは、TikTok、Instagram、YouTube、Twitch、OnlyFansなどのソフトウェア・プラットフォームによって促進されています。インフルエンサーは、これらのプラットフォームを通じてコンテンツをアップロードまたは作成し、ビューやインプレッション、メンバーシップ、サードパーティのスポンサーシップ、広告収入から利益を得ることができます。クリエイターエコノミーは、2022年には1,000億ドルに達すると推定されており、世界中のより多くの人々がインターネットにアクセスできるようになり、ブランドオーナーがデジタルプレゼンスを高めるにつれて、今後も増え続けるでしょう。

デジタル・アイデンティティをブランド認知の一形態として利用し、クリエイター・エコノミーを成長させるというトレンドは、メタバースによってさらに促進されます。メタバースとは、没入型の世界の集まりで、ユーザーが自分自身のアバターとして仮想環境の中で相互に作用し、ますます洗練されたビジネス、ゲーム、ソーシャル体験を提供するものです。メタバースは、ブランドオーナーにとって収益を実現するための消費者とのエンゲージメントの主要なソースとして発展しています。また、コンテンツ制作者にとっても、仮想空間内の仮想アバターを通じてファンと交流する新たな機会が生まれ、その恩恵を受けています。

信頼と知的財産

バーチャル領域は、ブランドオーナーやコンテンツクリエイターにとって収益化するための全く新しい領域を切り開く一方で、メタバースにおける広告の方法には注意を払う必要があります。消費者は、デジタル空間に登場するブランドをどのように信頼し、偽造品や模倣品による詐欺に遭わないようにできるでしょうか?ブランドのデジタル・アイデンティティとそのコミュニティの間で、どのように信頼を維持することができるでしょうか?

信頼を維持するには、いくつかの方法があります。ひとつは、コンテンツ制作者がソーシャルメディア上で自分の本当の姿、名前、顔を見せることで、ファンとの間に個人的な社会的信頼関係を導入することです。また、匿名にしたり、スポークスパーソンを置いたりすることもできます。また、自分のアイデンティティを示す代わりに、コンテンツの発信元を示す商標(文字、ロゴ、その他のシンボル)を使用することで、信頼を築くこともできます。その商標は、使用されるうちに信用を獲得し、その商標があるだけで消費者にコンテンツの安全性を保証することができます。

ビデオ、写真、グラフィックデザイン、プロモーション素材など、コンテンツ自体も著作権で保護される場合があります。しかし、(ほとんど)誰でも「右クリック」して画像をコピー&ペーストしたり、ビデオをスクリーン録画したり、デジタル作品を再出版したりすることができます。こうした無許可の複製や潜在的な侵害を追跡することは、複製が容易であることを考えると、困難な場合があります。違法な複製が最終的に権利者に発見された場合、コンテンツのバイラル性はすでに衰え、クリエイターは利益や価値の帰属を確認する機会を失っている可能性があります。では、デジタル時代において、ブランドのデジタル・アイデンティティの信頼性、信用、信用を維持するにはどうすればよいのでしょうか。その一つの答えが、ブロックチェーン技術にあるのかもしれません。

ブロックチェーン

ブロックチェーン技術は、インターネット上でデジタル情報の追跡を可能にする。ビットコインやイーサリアムのようなパブリックブロックチェーンでは、ユーザーはブロックチェーン上の情報を探し出し、その情報の出所を追跡することができます。例えば、あるブランドによってデジタルグッズが作られた場合、ユーザーはそのデジタルグッズを作ったデジタルIDまでたどることができ、そのデジタルグッズが実際にそのブランドによって作られたものであることを確認できます。

ブロックチェーン上で取引(チェーン上の新しいブロック)が確認されると、その取引はバリデータまたはマイナーからなる分散型システムによって検証され、中央集権的な検証の必要性が排除されます。この分散型検証プロセスは、誰かが不正な取引を行うことが困難またはほぼ不可能になることを意味します(特定のブロックチェーンが持つ分散化のレベルによる)。したがって、ブロックチェーンを利用したシステムは、デジタル財の所有権がブロックチェーン上に不滅(永久)に書き込まれ、取引の真正性を確認するための信頼が必要ないことから、「トラストレス」と呼ばれます。

ブロックチェーンは、現在のインターネットに取って代わるものではなく、むしろオンラインの新規または既存のインフラに追加できる新しいレイヤーです。このブロックチェーンによるインターネットのレイヤーは、しばしばweb3と呼ばれます。

最後に

デジタル・アイデンティティは、デジタル化が進む世界において、ブランドがオンラインでのプレゼンスを拡大する機会を提供します。これらのデジタル・アイデンティティに関連する価値は、オーディエンスとの信頼関係を育み、クリエイター・エコノミーに関与することで、時間をかけて構築することができます。しかし、オリジナルコンテンツやブランドのオンライン利用には、不正な複製、偽造、なりすましなどのリスクも伴います。ブロックチェーンは、ブランドオーナーがデジタルアイデンティティとそのアイデンティティによって作成されたデジタル商品に信頼性のレイヤーを追加し、ファンや消費者を保護するためのツールとして利用できるかもしれません。 

参考文献:IP, Digital Identity, and Branding in the Metaverse and Web3 – Part I: Digital Identity and the Creator Economy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT

Meta 社が自社メタバースにおけるNFT取引に50%近くの手数料を取ると発表

ブランドがすでにもっている「物理的な商品に関する既存の商標登録がメタバースにおける侵害にも有効か?」はまだ未知数です。現在そのような訴訟がいくつか行われていますが、まだ裁判所での判断は出ていません。そこで、各ブランドは積極的にメターバース・NFT関連の商標出願を行っています。

もっと詳しく»
bored ape
訴訟・係争

Bored Ape NFTsの商標権侵害訴訟でYuga Labsが開発者と和解

この訴訟は、ウェブサイトとスマートコントラクトの開発者が「誤解を招く」RR/BAYC NFTを販売することに関与しています。 Ryder RippsがBored Apesの画像を使用したことについての訴訟は別途進行中ですが、この和解によりRyder Rippsを相手にした訴訟にも進展があるかもしれません。

もっと詳しく»