NFTのクリエイターがこれまでに得た ロイヤリティ は18億ドル

Galaxy Digitalが発表した新しい調査レポートによると、イーサリアムのNFTクリエーターはOpenSeaなどのマーケットプレイスにおける二次販売から合計18億ドルの ロイヤリティ を支払われていることが判明しました。しかし、わずか10つのNFTプロジェクトが、クリエイター・ロイヤリティの27%を独占しており、この富の集中はNFTがもたらすと期待された世界とは大きく異るデータを示しています。

トップ10のプロジェクトがロイヤリティ の27%を独占しているという事実

トップ10は約5億ドル相当のロイヤリティを獲得し、これは獲得した全イーサリアムNFTロイヤリティの27%に相当します。Flipside Cryptoのデータに依拠したこのレポートによると、482のNFTコレクションは合計で全市場のロイヤリティの80%を獲得しているとのことです。

NFTは通常、最初に「ミント」されるか、NFTクリエイターが開発した第三者のウェブサイト、または特定のマーケットプレイスから入手できる専用のランチパットを通じて販売されます。NFTはミント後、OpenSea、Magic Eden、LooksRareなどのマーケットプレイスで再販することができます。

ロイヤリティ 一覧

Bored Ape Yacht ClubのクリエーターであるYuga Labsは、最も多くのNFTロイヤリティを獲得してリストのトップに立っています。40億ドル規模のこのスタートアップは、ブロックチェーンゲームの開発に焦点を広げ、ロイヤリティだけで1億4700万ドルを大きく上回る金額を稼ぎ出しています。今年初めのYugaの大規模なメタバースランドミント「Otherside」が、わずか24時間で5億6100万ドルの総売上となったことを考えれば、これは驚くべきことではないでしょう。

Dune AnalyticsのデータとGalaxyレポートによると、OpenSeaは全イーサリアムNFTマーケットプレイスの80%以上のボリュームを占めているとのことで、新しいNFTマーケットプレイスはまだ定期的に出現していますが、OpenSeaはまだ全NFT転売の大部分を占めています。

OpenSeaを通じてNFTプロジェクトを ミントする場合、クリエイターは二次販売から受け取るロイヤリティの割合を選択することができます。これらのクリエイターは、二次販売からこれまでに合計で7,670万ドルのロイヤリティを獲得しています。これは、Galaxyのランキングで3位に入るほどの額です。

NFTの他の著名なクリエイターには、Chiru Labs(Azuki)、Proof(MoonbirdsとProof Collective)、The Sandbox、Doodles、Gary VaynerchukのVeeFriendsのチームなどが含まれます。

Nikeを含む有名企業もNFTの ロイヤリティ で稼いでいる

Galaxy社は、レガシーブランドにのみ焦点を当てた別のデータを引用して、9,160万ドル相当の収益を上げたNikeをトップとして取り上げました。そのリストには、ナイキが2021年に買収したデジタルスタジオRTFKTから提供されたナイキブランド以外のさまざまなNFTが含まれています。その他、ドルチェ&ガッバーナ、グッチ、アディダスなどのブランドがリストアップされています。

参考記事:NFT Creators Have Earned $1.8 Billion in Royalties to Date: Galaxy Digital

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

ウォーホルのキャンベルスープ缶
NFT

MetaBirkin訴訟の考察: メタバーキンは「芸術的表現」ではなかったのか?

先週、フランスの高級ファッション企業であるエルメスは、米国で行われた画期的な裁判で、「MetaBirkin」NFTがエルメスのアイコンバッグであるバーキンに関する商標を侵害していると判断され、勝訴しました。これは、NFTに関連する最初の重要な知的財産権に関する判決であり、ブランド所有者にとっては朗報です。

もっと詳しく»
metabirkins
訴訟・係争

「MetaBirkin」NFTは商標侵害なのか、それとも、芸術表現として保護されるべきなのか?

アメリカでは、エルメスとメイソン・ロスチャイルドの間で商標の境界を試すような訴訟が続いており、知財の専門家たちはその結果に大変注目しています。この訴訟は、商標権がどのように仮想空間/メタバースに拡大し、行使されるかについて先例を作ることになりそうです。

もっと詳しく»
marriage
メタバース

メタバース 内で結婚や裁判ができるようになる? 政府による メタバース 活用の想定

シンガポール政府の大臣が、法的な結婚手続きや裁判の公判、政府サービスが メタバース 上で提供される日が来るかもしれないことを示唆しました。 メタバース の活用がビジネスが娯楽の枠を超え、政府機関のサービスまで及べばより、 メタバース が多くの人が活用する「インフラ」になる可能性があります。

もっと詳しく»