NFT と知的財産の盗難に注意

NFT の盗難は深刻な問題ですが、NFTに関する知財の盗難も注意が必要です。NFTプロジェクトを成功させるためには適切な盗難対策を行い、自社の知的財産の保護、自社のNFTによる他者の知財侵害の回避、アーティストやNFT発行者との知財も含めた包括的な契約など対応は多岐に渡ります。

NFTは簡単に盗むことができてしまいます。例えば、最近発生したGoblin AssesコレクションからのNFTの盗難です。盗まれたNFTは、「Goblin Ass Town」として知られているより大きな画像コレクションの一部です。これらは、人気のNFTシリーズ「Goblin Town」を「皮肉」的に表現したものと考えられています。

これらのNFTは、複数の個人によって作成され、所有されていましたが、「盗まれてしまい」、無許可のウェブサイト上で入手可能であることが記載されていました。報道されているように、「おそらくスクレイピング・ボットがコレクションを発見し、(これらのNFTを)無料で提供する偽のウェブサイトを作成した」とされています。さらに、犯人とされる人物は、本物のGoblin Assesが売りに出される前に、Goblin AsssのNFTのコレクションをOpenSeaに載せていたとも言われています。

NFTの分野での「盗難」のもう一つの領域は、第三者の知的財産を不正に使用してデジタルNFTアートを作ることです。最近のニュースによると、「NFT空間における盗用の蔓延は、NFTの最大の特徴であるIP保護がいかに最大の欠点であるかが判明した」とアーティストが嘆いているそうです。

NFT の知的財産を構成する基本要素はアーティストの作品

アーティストが自分の作品に関わる知的財産権を保護することは、媒体の如何に関わらず重要な課題です。NFTの知的財産権を保護する方法の1つは、アーティストとNFTの発行業者の間で契約書を作成することです。NFTアーティスト契約書に記載された文言により、アーティストの作品に対する当事者の相対的な権利が決定されます。企業は、NFTコレクションのアート制作をアーティストに依頼し、NFTアーティスト契約の一環として、そのアートワークの著作権および商標権(職務上の所有権またはライセンスのいずれかによる)を取得することがよくあります。最近、NFT業界では、発行業者が故意または無意識のうちに第三者の知的財産を使用してNFTを作成するという、無許可の知的財産の使用が横行しています。このような場合、採掘業者は訴訟リスクや多額の金銭的責任を負うことになります。

関連記事:NFTの 契約 関係で対処・検討すべき主な問題点

NFT の知的財産を盗難から守るには?

最近の業界は低迷していますが、NFT市場はまだ急成長しています。他の芸術と同様、NFTの知的財産を保護する方法があります。NFTをミント、購入、ライセンス供与しようとする企業は、問題の美術品を所有するか、使用するための適切なライセンスを持っていることを確認する必要があります。そのためには、NFTアーティスト契約を締結するのが最善です。この契約には、特に以下の基本的な契約上のカテゴリーが含まれている必要があります。1)独立した請負業者が行うべきサービス、2)報酬、3)「雇用のための仕事」関係の法的影響、4)契約期間、5)責任の制限、その他の懸念事項を含む、基本的な契約上のカテゴリーを含める必要があります。特に、契約書には、NFTの知的財産に関する当事者の相対的な権利と責任について明記する必要があります。第三者所有の商標やその他の著作物に由来するNFTは、必要なライセンスを取得しているか、またはその他の方法で権利を所有している場合を除き、避けることが重要です。 

参考記事:NFTs and Intellectual Property: Beware of Theft!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

metabirkins
NFT

[速報]  MetaBirkin NFT訴訟の判決が下る

今週、NFT(non-fungible token)に関する商標権侵害で注目されていたにMetaBirkin NFT訴訟に関して、判決が下されました。Hermès International SA (エルメス)は、デジタルアーティストのメイソン・ロスチャイルド氏が、ロスチャイルドの人気NFTコレクション「MetaBirkin」において、同社の人気ブランド「Birkin」の商標権を侵害しているとして裁判を起こしました。 審議の結果、陪審員はMetaBirkinsが実際にエルメスの商標を侵害していると判断し、ブランド側が勝利しました。

もっと詳しく»
caution
NFT

NFT 詐欺 の危険度を表す24の指標が発表される

今回のように国際的機関が連携して危機意識を持つことで、今まで野放しになっていた暗号資産やNFTにおける 詐欺 や不正行為にメスが入るかもしれません。今回発表された24の指標はNFTに携わる上で知っておきたいものなので、ぜひ原本にアクセスして一度リストに目を通してみてください。

もっと詳しく»
stop
法律・規制

Tornado Cash の制裁は始まりに過ぎない

先週 アメリカ政府が Tornado Cash を制裁し、暗号資産のDeFiセクターはコンプライアンスを重視するのか、反旗を翻すのか、という非常に難しい選択を迫られています。しかし、今回の動きで制裁が完璧でないことも露呈されたので、今後どのような規制・制裁が暗号資産業界で起こるのかも興味深いところです。

もっと詳しく»