NFTを使ったローンは失敗? BendDAO がバンク・ランに

先週末 BendDAO は不良債権を恐れて、オンチェーン・バンク・ランに陥り、一時は預金残高が18,000WETHから15WETH以下にまで減少しました。このクレジット・クランチはBendDAOを危機に陥れ、プロジェクトの貸し手と借り手を一時的に窮地に陥れました。この記事を書いている時点でプロトコルの預金残高が19KWETH以上に回復しており、この混乱の最悪な状態は過ぎ去ったのかもしれないです。

しかし、このエピソードをきっかけに、BendDAOがNFTエコシステム全体にもたらすリスクについて、悲観的な見方をする人も少なくありません。今回は、実際に何が起こったのか、そして今後どのような点に注意すべきなのかを取り上げてみます。

BendDAO とは

BendDAOはNFT流動性プロトコル、つまりNFTの貸し借りを行うプロジェクトです。

BendDAO NFT list

借り手は、Azuki、BAYC、CloneX、CryptoPunks、Doodles、MAYC、Space Doodlesという7つのトップPFP NFTコレクションからNFTに対してETHを借りるためにこのDAppを使用することができます。

逆に、貸し手はプロトコルの流動性プールにETHを預けて、借り手が支払う利息から利回りを得ようとすることができます。

BendDAOはピアツープールモデル(peer-to-pool model)を採用しており、NFTfiのようなプロジェクトを通じてNFTエコシステムに最初に登場したピアツーピアレンディングスタイル(peer-to-peer lending style。つまり、2人の個人が交渉によって条件に合意すること)とは対照的なものとなっています。

このピアツープールのアプローチは、BendDAOが提供する3つの主要なサービス、即座のNFT担保ローン(ピアツーピア交渉を待つ必要がない)、担保リスト(NFTが実際に売れる前にそのフロア価値の40%までを取得できる)、NFT頭金(フラッシュローンマニューバーを使用して60%の頭金でNFTを購入できる)を支えるものです。

BendDAO のバンクラン

BendDAOは「初期パラメータを設定する際に、弱気市場でNFTがどれだけ流動性が低くなるかを過小評価していた」と、チームはその後認めています。

これらの最初のパラメータの厳しさは、DAOに最近流入したベッドデット(bed debt。つまり、失敗した清算オークションのためにETHの代わりにNFTを受け取ること)をもたらし、その結果、先週末に見られたバンクラン(Bank Run)につながりました。 つまり、不良債権が増加しているのを見て、貸手の多くが、まだ予備が残っている間に預金したETHを引き出すという行動に出ました。

では、なぜNFTオークションは失敗したのでしょうか?それは、デフォルトの清算オークションは、NFTに対する債務残高よりも高く、そのNFTの現在のフロア値の少なくとも95%であることを義務付けたBendDAOの最初のパラメータが原因です。最近、多くのコレクションのフロア価格が下落したため、多くのBendDAO NFTに対する債務が、これらのNFTのフロア価格を上回るようになりました。さらに、入札は48時間ロックされる必要がありました。

こうした要求により、デフォルト・オークションは清算人にとってますます魅力のないものとなり、BendDAOはますます多くの「不良債権」NFTを積み上げ、その結果、多くの貸し手が預金の引き上げに踏み切ることになりました。

緊急時の調整

8月23日、BendDAOは、清算基準値を95%から段階的に引き下げ、9月20日付で新たな最終基準値70%とする緊急パラメータ更新を可決しました。DAOはまた、入札のロックアップ期間を48時間から4時間に引き下げることにも同意。

最終的に、これらの調整の最終結果は、BendDAOの清算オークションが入札者にとってより魅力的になり、その結果、不良債権を避けるためにETHがプロトコルに戻ってくるようになるでしょう。

この変更にうり、今後数週間、BendDAOのポジションがデフォルトしやすくなるにつれて、BendDAOの清算オークションが急増する可能性があります(フロアプライスのパフォーマンス次第ですが)。PFPの上位NFTを購入するのであれば、今後数週間、これらのオークションで大幅なディスカウントが行われるかもしれませんので要注目です。

BendDAO はもう元通り?

BendDAOは、緊急調整とフロアー価格の回復により、プラットフォームへの信頼と預金の流入が回復し、再び立ち直り始めています。

しかしプロジェクトは、まだ借りている債権をすべて返せるところまで回復できるのかは不透明です。現時点では、その可能性が高いと思われますが、BendDAOもまだ危機を脱したわけではありません。その一方で、BendDAOにまつわる最近の懸念は、大きく誇張されすぎているという見方もできます。

ズームアウト

BendDAOの信用収縮は、NFTレンディングの分野がまだ非常に初期段階にあることを示しています。この分野では多くの興味深い革新が行われていますが、その中のプロジェクトは、より実戦的になるまで最終的には実験的なものです。

BendDAOとそのユーザーにとっては残念なことですが、このプロジェクトは、この嵐から無事に脱出するために、すでに十分な成果を上げているのかもしれません。少なくとも、このエピソードは今後他のNFTピアツーピープールプロジェクトにとって大きな教訓となることは間違いないでしょう。

参考記事:The BendDAO bank run

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

caution
NFT

NFT詐欺に注意

NFTは、人々の想像力をかきたてるかもしれませんが、ますますリスクの高い買い物になっています。ここ数カ月、暗号資産市場全体と同様にNFTの価値が急落しているだけでなく、購入者が詐取される可能性が高まっているのです。NFTは、マネーロンダリング、脱税、制裁措置違反などの不正行為にも利用されています。

もっと詳しく»
bored ape
知的財産

Yuga LabsによるNFTライセンスを理解する2つのポイント

Yuga LabsによるNFTライセンスは画期的である反面、従来のデジタルコンテンツに関する知財の取り扱いとは異なる内容なため、権利周りに関する混乱が生じています。今回は、誤解されやすいBAYCのライセンスに注目して、2つの独立した権利がNFTフォルダーに提供されていることを説明していきます。

もっと詳しく»