NFTライセンスにおいてよくある失敗を解決するための対処方法

ブロックチェーンやNFTはまだ新しい技術であるため、その法的基盤はまだ発展途上であり、潜在的な脆弱性が存在します。その1つにNFTに関するライセンスがあり、今後のNFT業界が普及していくには、NFTライセンスに関わる問題を解決していかなければなりません。今回は、NFTライセンスでよくある3つの失敗に対する解決策を探ることにします。

1. 適切なライセンス条件が付されていないNFTにどう対処するか?

NFTクリエイターがNFTに適切なライセンス条件を付けない場合、その知的財産を保護できない可能性があります。クリエイターが独自にライセンス条件を設定することも可能ですが、より普遍的な解決策は、NFTのマーケットプレイスが標準的なライセンスを採用することです。

例えば、あるマーケットプレイスでは、様々なクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを提供し、著作権の完全譲渡まで行っています。また、あるマーケットプレイスでは、非商用利用などの規定がある独自のライセンスが用意されています。マーケットプレイスレベルで標準化されたライセンスを提供することで、NFTクリエイターが知的財産を合法的に保護するための効率的な方法を実現することができます。

2. 買い手がライセンス条項に同意しない場合の対処法

ライセンスは、買い手がライセンスへの同意を示さなければ、通常、強制力を持ちません。その解決策として、裁判所は、ユーザーが契約書を見た後に「同意」ボタンをクリックすることで契約を受け入れる「クリックラップ」契約を強制することが多いようです。

暗号署名(Cryptographic signatures)は、ブロックチェーンの一般的な機能であり、マーケットプレイスそのものではありません。このような署名は取引の実行に必要であり、通常、暗号通貨ウォレット内で「署名」または「確認」をクリックすることで行われます。したがって、潜在的な解決策は、マーケットプレイスが「チェックアウトに進む」ボタンの近くに「この取引に署名することにより、私はNFTのライセンス条項に同意します」という、条件を目立つように表示することです。

3. 実務上のエンフォースメントの問題にどう対処するか?

NFTの作成者がライセンス条項を採用し、それがNFTの購入者に受け入れられたとしても、その条項は現実的に強制力を持たない可能性があります。例えば、購入者が外国の管轄区域にいる匿名の個人である場合、クリエイターは実際にどのようにライセンスとNFTを取り消すのでしょうか。その答えは、NFTのコードそのもの(つまりスマートコントラクト)にあります。

ブロックチェーン分野では、スマートコントラクトの管理権限をコア開発者のような個人に付与することが一般的で、「ロールベースアクセスコントロール」と呼ばれる方法で実現されています。NFTでは一般的ではありませんが、このようなアクセス制御を行うことで、ライセンスが侵害された場合にNFTの所有権を剥奪するなど、クリエイターが重要な機能を実行することが可能になります。

まとめ

これらのアプローチは、スマートコントラクトと法的契約の間のギャップを埋め、NFTライセンスでよくある失敗を改善するものです。まとめると以下のようになります:

  • マーケットプレイスレベルで標準化されたライセンスを採用することで、クリエイターへの効率的なライセンシングが可能になる
  • 暗号署名を利用することで同意の表明が容易になり、こうしたライセンスが法的に執行可能になる
  • NFTに対して役割ベースのアクセスコントロールを行うことで、NFTライセンスのプログラムによる実際の執行を可能にする

参考記事:High-Level Summary: Solving Common Failures in NFT Licensing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

metabirkins
NFT

[速報]  MetaBirkin NFT訴訟の判決が下る

今週、NFT(non-fungible token)に関する商標権侵害で注目されていたにMetaBirkin NFT訴訟に関して、判決が下されました。Hermès International SA (エルメス)は、デジタルアーティストのメイソン・ロスチャイルド氏が、ロスチャイルドの人気NFTコレクション「MetaBirkin」において、同社の人気ブランド「Birkin」の商標権を侵害しているとして裁判を起こしました。 審議の結果、陪審員はMetaBirkinsが実際にエルメスの商標を侵害していると判断し、ブランド側が勝利しました。

もっと詳しく»
法律・規制

分散型 ドメイン 名は無法地帯?事業者と知財保有者の対話と法制度の必要性

インターネット上の ドメイン はICANNが中央集権的に管理し、秩序が守られてきました。しかし、ICANNの管轄外である「分散型」ドメイン名の登場は ドメイン 業界に大きな混乱を招いています。特に、「分散型」ドメイン名による第三者の知財侵害の可能性は高く、そのような問題を解決する手段が未だに確立されていないことが懸念されています。

もっと詳しく»
worry
知的財産

NFT と知的財産の盗難に注意

NFT の盗難は深刻な問題ですが、NFTに関する知財の盗難も注意が必要です。NFTプロジェクトを成功させるためには適切な盗難対策を行い、自社の知的財産の保護、自社のNFTによる他者の知財侵害の回避、アーティストやNFT発行者との知財も含めた包括的な契約など対応は多岐に渡ります。

もっと詳しく»