NFTプロジェクト Okay Bears がIMGとライセンス契約を締結

IMGは、Solanaブロックチェーンを利用するPFPプロジェクトである Okay Bears とライセンスを結び、提携することになりました。これにより消費者向け製品および体験を販売は、世界的なエンターテインメントリーダーのIMGが独占することになります。

この契約により、IMGは、PFP NFTの形で販売される1万匹の着飾ったクマで構成される、コミュニティに焦点を当てたプロジェクトの Okay Bearsの独占的グローバルライセンス代理店となります。

この Okay Bearsは、NFTマーケットプレイスMagic Eden で2022年4月に開始されてから24時間以内に1800万ドルを売り上げ、イーサリアムプロジェクトよりも多くの取引量を生み出しました。これまで最も人気のあるNFTプロジェクトの多くがイーサリアムブロックチェーン上でミントされているため、Solanaでこの偉業を達成したことは注目する点です。

グラフィックデザイナーのKaisと元エンジニアのSubyが共同設立したこのプロジェクトは、”We’re All Gonna Be Okay “というメッセージのもとに結集した保有者に対し、グッツ販売、ライブイベント、ブランドコラボレーションを約束しました。IMGのライセンス担当社長であるBruno Maglione氏は、Okay Bearsの「ブランドメッセージと価値」は、今後のクリエイティブなコラボレーションや製品に反映されると述べています。

IMGはこれまでにも、フォートナイトやレゴ、アングリーバードといった若者に特化したブランドのライセンス契約を手掛けてきました。一方、NFTプロジェクトは最近、NBAのバスケットボール・サプライヤーであるウィルソンとシカゴ・ブルズのポイントガード、ロンゾ・ボールとコラボし、彼の似顔絵入り1of1サイン入りNFTを発売しました。

参考記事:NFT Project Okay Bears Signs Licensing Deal With IMG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

ウォーホルのキャンベルスープ缶
NFT

MetaBirkin訴訟の考察: メタバーキンは「芸術的表現」ではなかったのか?

先週、フランスの高級ファッション企業であるエルメスは、米国で行われた画期的な裁判で、「MetaBirkin」NFTがエルメスのアイコンバッグであるバーキンに関する商標を侵害していると判断され、勝訴しました。これは、NFTに関連する最初の重要な知的財産権に関する判決であり、ブランド所有者にとっては朗報です。

もっと詳しく»
crypto
知的財産

暗号通貨は 商標 になるのか?

暗号通貨が広く使われるようになり、その認知力やブランドを守るために商標を出すことが多くなっています。しかし、 商標 を得るにはその名前やロゴが特定の条件を満たしている必要があり、暗号通貨はその特性上、条件を満たすのか不透明な点もあります。特に、保護対象、出所特定、創造的要素の3つの点についての問題に焦点を当ててみました。

もっと詳しく»