NFTプロジェクト Okay Bears がIMGとライセンス契約を締結

IMGは、Solanaブロックチェーンを利用するPFPプロジェクトである Okay Bears とライセンスを結び、提携することになりました。これにより消費者向け製品および体験を販売は、世界的なエンターテインメントリーダーのIMGが独占することになります。

この契約により、IMGは、PFP NFTの形で販売される1万匹の着飾ったクマで構成される、コミュニティに焦点を当てたプロジェクトの Okay Bearsの独占的グローバルライセンス代理店となります。

この Okay Bearsは、NFTマーケットプレイスMagic Eden で2022年4月に開始されてから24時間以内に1800万ドルを売り上げ、イーサリアムプロジェクトよりも多くの取引量を生み出しました。これまで最も人気のあるNFTプロジェクトの多くがイーサリアムブロックチェーン上でミントされているため、Solanaでこの偉業を達成したことは注目する点です。

グラフィックデザイナーのKaisと元エンジニアのSubyが共同設立したこのプロジェクトは、”We’re All Gonna Be Okay “というメッセージのもとに結集した保有者に対し、グッツ販売、ライブイベント、ブランドコラボレーションを約束しました。IMGのライセンス担当社長であるBruno Maglione氏は、Okay Bearsの「ブランドメッセージと価値」は、今後のクリエイティブなコラボレーションや製品に反映されると述べています。

IMGはこれまでにも、フォートナイトやレゴ、アングリーバードといった若者に特化したブランドのライセンス契約を手掛けてきました。一方、NFTプロジェクトは最近、NBAのバスケットボール・サプライヤーであるウィルソンとシカゴ・ブルズのポイントガード、ロンゾ・ボールとコラボし、彼の似顔絵入り1of1サイン入りNFTを発売しました。

参考記事:NFT Project Okay Bears Signs Licensing Deal With IMG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT

NFT IPライセンス解説:“CAN’T BE EVIL” NFT LICENSE PERSONAL LICENSE (“CBE-PR”)

今回は商用ライセンスを含まない個人利用のみを想定した NFT ライセンスの雛形の解説です。現在の多くのNFTプロジェクトは商用利用を認めてないので、ほぼすべてのNFTプロジェクトはこの個人利用のみの分類に分けられるのではないでしょうか?今回紹介するCBE-PRはとても良く書けたライセンス契約なので、解説を読んで、どのような事柄が示されているかを学んでみてください。

もっと詳しく»
closed-sign
法律・規制

規制 との正しい付き合い方と暗号資産の本質

バイナンスがロシア政府とつながりのある個人の口座を閉鎖しました。暗号資産は金融 規制 を回避する手段として語られる場合もありますが、取引所のKYCやブロックチェーン上のレコード等、そのような用途には不向きなものです。また暗号資産ビジネスをするには地元政府と協力していくという姿勢も大切になってきます。

もっと詳しく»
訴訟・係争

仮想通貨取引所Coinbaseが 集団訴訟 で訴えられる

Coinbaseが 集団訴訟 で訴えられました。一部の利用者が規約の仲裁ポリシーは強制力を持たないと主張し、裁判所による救済を求めています。これに対し、Coinbaseは規約による仲裁を主張しましたが、判事は認めませんでした。これにより裁判所における訴訟が継続することになりました。

もっと詳しく»