NFT購入時の ロイヤリティ は回避できる:今後のNFTビジネスにとってロイヤルティは必要なのか?

NFTマーケットプレイスX2Y2が、特定のNFTの購入時に購入者に支払う ロイヤリティ を廃止すると発表し、業界におけるロイヤリティ支払いの重要性について議論が行われています。 ロイヤルティ はアーティストにとっては魅力的ですが、技術的に強制できないので、ユーザーを引きつけるためにNFT購入時にロイヤリティを回避できるマーケットプレイスが注目されています。

アーティストにとって ロイヤリティ はNFTの魅力の1つ

ロイヤリティの支払いは、成長するNFT業界の要となっています。アーティストは人々が自分の作品を転売したときにお金を稼ぐことができ、マーケットプレイスはNFTチケットの二次市場で収益を獲得できるためWin-Winになっていました。このような構造から、ミュージシャンの中は、ストリーミングサービスよりもブロックチェーン技術が用いられたNFTを選ぶアーティストがいました。

ロイヤリティ の仕組みは限定的

しかし、このロイヤリティの支払いには問題があります。ロイヤリティの支払いは、マーケットプレイスレベルでしか強制力がなく、オンチェーンではありません。例えばNFTの買い手は、そのNFTを買うというオフチェーンでの合意をした後、指定されたウォレットにイーサ(ETH)を送り、売り手はそのNFTを、マーケットプレイスが取引の仲立ちをしないまま送ることができ、その過程でロイヤリティを支払うことはないのです。

OpenSeaのようなマーケットプレイスでは、売り手は販売ごとに、ほとんどの場合、商品の購入価格の5%~10%の間で所定の手数料をプログラムすることができますが、もしマーケットプレイスが手数料を完全に免除したいと思えば、それを止めるものは何もないのです。

NFTの人気マーケットプレイスであるX2Y2は、8月にすべてのロイヤリティ支払いを任意とし、ブロックチェーンのチップジャー(tip jar)に相当するものにすると発表しました。これは、ロイヤルティの支払いの仕組みがブロックチェーン上で強制的に行われないからこそ可能になっています。

ロイヤリティ を任意にしたX2Y2がトップに

NFTGOのデータによると、X2Y2は過去1週間、取引量で最も人気のあるNFTマーケットプレイスでした。X2Y2はLooksRareと同様に、プラットフォーム上のバイヤーに独自のトークンを発行し、取引のインセンティブを高めています。また、クリエイターが課すロイヤリティは任意であるにもかかわらず、0.5%のマーケットプレイス手数料を徴収しています。

X2Y2の発表は、NFTのTwitterから反発を招き、多くのJPEG愛好家が、ロイヤリティの支払いをなくすことは、より収益性の高い作品販売媒体として最初にNFTを利用したアーティストやクリエイターを傷つけることになると主張しました。

NFTのロイヤリティをめぐる議論は、ここ数週間、特に緊迫したものとなっています。著名なデジタルアーティストたちは、Twitterなどの公開フォーラムでその長所と短所を議論しており、ロイヤリティを完全に撤廃することはWeb3にとって不利になるかもしれないが、オンチェーンで強制することができない以上、おそらく避けられないというのが大方の意見です。

X2Y2は、買い手が常にクリエイター・ロイヤリティを0%に設定することは、一般的な業界にとって悪いことであると認めています

反発を受け、土曜日のアップデートで、マーケットプレイスは、1/1コレクターズアイテムの販売において、買い手にクリエイター・ロイヤリティの支払いを強制することを表明しました。

また、同マーケットプレイスは、「保有者限定」の投票システムを構築し、特定のコレクションに対するロイヤルティを有効にするか無効にするかを、保有者がグループとして決定することにするとしています。しかし、X2Y2がロイヤリティ・ポリシーを変更してから数日間、「Mutant Ape Yacht Club」の購入者14人のうち、ロイヤリティをYuga Labsに支払うことを選択したのは2人だけでした。

重大な結果を招く可能性

ロイヤリティの徴収漏れが常態化すれば、NFTのクリエイターにとって次のステップは明らかです。コレクションは、これらの手数料の取りこぼしを避けるために、コード内の特定のマーケットプレイスをブラックリスト化し、過去2年間、業界の成長に大きく貢献したオープンマーケットプレイス競争の時代を終わらせるでしょう。

手数料に対する考え方の変化は、プロジェクトの収益計画にも変化をもたらすかもしれません。NFT市場全体が低迷する中、ここ数カ月のトレンドは、コレクションの価格を下げ、ロイヤリティ料を上げることで、プロジェクトチームが、最初のミントから一括で利益を受け取るのではなく、コミュニティと関わり続けて収入を得るインセンティブを与えることでした。

このようなプロジェクトの中で最も有名なのがGoblintownで、NFTのミントは無料でしたが、二次販売には10%という高額なロイヤリティが含まれていました。このプロジェクトの創設チームであるTruth Labsは、木曜日にGoblin NFT専用のマーケットプレイスを開設し、二次販売には10%ではなく5%のロイヤリティしかかからないようにすると発表しました。

「私はエコシステムを持つプロジェクトのために、(専用マーケットプレイスは)は将来必須になる」と、Goblinsを制作したチームであるTruthの共同創設者Alexander Taubは語りました。

参考記事:An NFT Marketplace Is Letting Buyers Avoid Royalty Payments. Creators Aren’t Pleased

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

bored ape
知的財産

Yuga LabsによるNFTライセンスを理解する2つのポイント

Yuga LabsによるNFTライセンスは画期的である反面、従来のデジタルコンテンツに関する知財の取り扱いとは異なる内容なため、権利周りに関する混乱が生じています。今回は、誤解されやすいBAYCのライセンスに注目して、2つの独立した権利がNFTフォルダーに提供されていることを説明していきます。

もっと詳しく»
メタバース

メタバース 市場規模は5兆ドル!?マッキンゼーのレポートが語る8年後の世界

2030年には メタバース で何らかのサービスを使っているのが当たり前の世の中になるのかもしれません。主な用途として、ゲーム、ソーシャライジング、フィットネス、コマース、遠隔学習が挙げられているのですでにそのようなサービスを展開している企業でしたらメタバースへの事業拡大も視野に入れるべきでしょう。また、Eコマースとバーチャル広告が最初に成長する可能性があります。しかし、事業をするにはコンプライアンスも重要になってくるので、プロジェクトチームに法律の専門家を加えることをおすすめします。

もっと詳しく»