NFT ロイヤリティ をオンチェーンで執行することがほぼ不可能な理由

NFTの ロイヤリティ は、作品の再販による支払いを希望するアーティストにとって大きな魅力の1つです。しかし、ロイヤリティの支払いを任意とする、あるいは一括して削除することを選択するマーケットプレイスが増えています。 そこで今回は、NFTのロイヤリティがオンチェーンで強制されず、NFTのマーケットプレイスの裁量に委ねられている理由を説明します。 

アーティストにとっての ロイヤリティ の魅力とロイヤリティフリーへの動き

NFTにはイメージの問題があります。NFTはしばしば詐欺や引き抜きの中心的存在であり、環境に悪いと非難されています。また、多くの人が「ダサい」「高い値段に見合わない」と思っています。しかし、ロイヤリティという救いの手があるのです。 

昨年、ユニセフなどのチャリティ団体がNFTの販売を決めたのも、ロイヤリティがあったからです。小さなギャラリーで物理的な肖像画を販売し、一次販売からしか収益を得られないアーティストとは異なり、アーティストはNFTを一枚ミントするだけで、その資産の将来のオンチェーン販売ごとに取引された金額から永続的に収益を得ることができるのです。 

しかし、NFTの取引所Sudoswapが立ち上げたマーケットプレイスSudoAMMが示したように、NFTの主な特典の1つが脅かされています。7月、Sudoswapはすべてのロイヤリティを削除し、取引あたりの手数料をわずか0.5%に抑え、多くのNFTクリエイターを動揺させました。 

二次 ロイヤリティ を保持するためのアーティストの行動

このような動きに対して、アーティストはロイヤリティを守るために積極的な対策をとっています。FidenzaのクリエイターTyler Hobbsが共同設立したジェネレーティブNFTプロジェクトであるQQLは、買い手がロイヤリティを回避できるNFTマーケットプレイスであるX2Y2をブロックしています。同プロジェクトのクリエイターは、声明を出し、アーティストの利益となる二次ロイヤリティを守るためにこのようなことを行ったと発言しています。

「アーティストに関する限り、マーケットプレイスのロイヤリティを削除することによって、毎月定期的な収入を得るための定義された方法はありません 」とKingfoとして知られているWeb3クリエイター、AryaGhonerは語っています。「良いプロジェクトは、会社やそのロードマップのための資金調達を継続するために、二次的な収集で初期投資家たちのシェアーを希釈する可能性が高くなければならないでしょう。」と言っています。

ロイヤリティの削除や削減は、web3が提供する進歩的な原則に反すると、NFTのアーティストであるDamien Roach氏は付け加えます。「私たちは、古い、時代遅れで失敗した構造をただ再現するのではなく、新しい、より公平で持続可能な方法を確立することに集中する必要があるのです。この現実を鍛え上げることをあきらめることは、大きな間違いです。」と発言しています。

イーサリアムのトークン標準EIP-2891は、ロイヤリティをオンチェーン取引に結びつけようとするものです。しかし、NFT wrappingと呼ばれる方法は、NFTロイヤリティを分散化するためのこの基準を無効化し、NFTロイヤリティをマーケットプレイスの裁量に委ねます。 

Wrapped NFTsとは?  

OpenSeaのような中央集権的なNFTマーケットプレイスは、NFTの送金を指示する主体の1つです。OpenSeaは取引が本物であることを確認し、買い手のウォレットからETHを取り出して売り手に渡し、販売を促進します。その後、OpenSeaはすべての販売から設定された割合、最大で合計10%を源泉徴収し、その資金をロイヤリティの支払いとしてオリジナルのクリエーターに還元します。 

OpenSeaのロイヤリティの実装に相当する分散型はEthereum Improvement Protocol(EIP)2981で、売却の条件を満たしてNFTを譲渡した場合、売却額の一部をクリエイターに渡さなければならないと定めています。この決められた割合と元の作成者のウォレットアドレスは、スマートコントラクトのコードに書き込まれます。  

しかし、NFTは本来の意図とは異なるガイドラインに沿うようにラップすることができます。 

ラッパー(wrapper)は、その中に入っているものを覆い隠す箱のような役割を果たすと、ブロックチェーン開発者のマリッサ・ハドソンは説明します。スマートコントラクトは、その転送を受け入れるか拒否するかを決定する前に、箱をスキャンするようなものです、と説明します。 

ラッピングの仕組みの例として、NFTがERC-721でミントされたとします。これはNFTを作成するEthereumトークン規格です。この規格でミントされた場合、NFTの所有者は、NFTをウォレットに入れている人であり、それを好きなように使うことができる人です。つまり、ERC-721では所有者と使用者が同じで結びついているのです。  

しかし、ERC-4907という新しいトークン規格は、所有者と使用者の結びつきをなくし、レンタルできるNFTを可能にしています。ERC-4907のボックスは、ERC-721のNFTにラップされて実装されます。そのラップされたトークンがERC-4907と互換性のあるスマートコントラクトを通過すると、本来はそういう特性はないものの、そのトークンがレンタル可能になります。

意図した通り、ロイヤリティ機能があるERC-2981トークンがERC-2981スマートコントラクトを通過すると、指定されたオリジナルアーティストに売却額の一部が送られることになります。しかし、誰かがERC-2981トークンをNFTの通常規格であるERC-721ボックスで包み、ERC-721スマートコントラクトを通して取引することができます。そうすることによってERC-721スマートコントラクトはその取引を肯定し、ロイヤリティなしで成立させることができるのです。  

つまり、ERC-2981がオンチェーン・ロイヤリティを支持できるのは、すべての当事者がそのトークン標準と適切なスマートコントラクトを使用することに同意した場合だけということになります。

オンチェーン・ ロイヤリティ の問題点  

ロイヤリティを回避するNFTのラッピングを止める方法はありますが、解決するよりも多くの問題を引き起こすことになります。  

ほとんどのNFTが準拠しているERC-721トークン標準にはいくつかの機能があり、その1つが「transfer from」です。この機能は、NFTをアドレス間で移動させるたびに使われます。また、OpenSeaのようにロイヤリティのあるマーケットプレイスでも、SudoAMMのようにロイヤリティのないマーケットプレイスでも、NFTをマーケットプレイスで販売することができるのは、この機能によるものです。  

「ロイヤリティを強制できないのは、NFTの保有者が別のアドレスにNFTを送ることを許可している限り、マーケットプレイスがその機能を使って取引を行うのを止めることは不可能だからだ」と、あるブロックチェーン開発者は言います。

彼は、NFTの移動を売買が発生したときだけに限定し、例えばウォレット間の移動は行わないようにすれば、この回避を阻止することができると付け加えています。しかし、「この仕組みを回避するために、最小限のETHで相手に売却し、マーケットプレイスの外でより大きなETHの取引を行うことができるため、それでは問題を解決することはできません。」と語っています。  

この販売と転送の区別をつけるのは難しく、転送は、ユーザーが多数のウォレットの間で1つのトークンを交換するなど、さまざまな理由で発生します。そのため、「transfer from」機能を無効にすることは、NFTがウォレット間を移動することを一切認めないことになり、NFTがユーザーにとってとても不便なものになってしまいます。 

NFTロイヤリティのオープンシーズン 

このようにNFTをオンチェーンで執行する良い方法がないため、ロイヤリティはマーケットプレイスに委ねられています。

アーティストに損害を与える可能性があるにもかかわらず、より多くのNFTマーケットプレイスがコストを削減するために0%ロイヤリティモデルに切り替える可能性があります。Solanaを拠点とするNFTプロジェクトDeGodsがロイヤリティを廃止したとき、その創設者は、より多くのマーケットプレイスが追随することに賭けました。その5日後、SolanaのプレミアNFTマーケットプレイス「マジックエデン」は、2022年10月15日にロイヤリティの支払いを任意とすることを決定しました。 

「すでに流動性の低い市場で、ロイヤリティフリーとロイヤリティのマーケットプレイス(どちらもJPEGから流動性を引き出そうとしている)の間で値下げ合戦が起こるだけです」とGhoner氏は言います。

ロイヤリティを無視するマーケットプレイスが増えている一方で、アーティストを支援する立場に立つところもあります。そのひとつがDaataで、新進クリエイターにオリジナルのデジタル作品を委託しています。Daataのスマートコントラクトは、再販時にアーティストに15%のロイヤリティを支払っており、OpenSeaのロイヤリティ上限である10%よりも高いです。 

二次創作マーケットプレイスの多くは、ロイヤリティを「任意」していることがわかります。DaataのCTOであるJosh Hardy氏は、「EIP-2981を尊重するもの、ロイヤリティ・レジストリを尊重するもの、OpenSeaのように尊重しないものがあります」と語っています。「Daataの立場は常に、アーティストがロイヤリティを受け取るべきだというもので、アーティストにとってNFT技術の主要な利点の1つであるロイヤリティの支払いを、マーケットプレイスが回避していることは残念なことです。Daataはまだセカンダリーマーケットプレイスを持っていませんが、もしそうなった場合、あるいはその時には、バイヤーがアーティストにロイヤリティを支払うことを要求するでしょう。」と話しています。

参考文献:Why NFT royalties are almost impossible to enforce on-chain

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT

NFT IPライセンス解説:“CAN’T BE EVIL” NFT LICENSE EXCLUSIVE COMMERCIAL RIGHTS WITH NO CREATOR RETENTION (“CBE-ECR”)

今回は独占的な商用ライセンスを含を含むNFTライセンスの雛形の解説です。前回紹介した非独占なライセンスよりも「特殊」な形のライセンスなので、利用は限定されるとおもいます。しかし、知財ライセンスにおける独占と非独占の違いを理解するのは大切なので、その点を重点的に解説するようにしました。

もっと詳しく»
bored ape
訴訟・係争

Bored Ape NFTsの商標権侵害訴訟でYuga Labsが開発者と和解

この訴訟は、ウェブサイトとスマートコントラクトの開発者が「誤解を招く」RR/BAYC NFTを販売することに関与しています。 Ryder RippsがBored Apesの画像を使用したことについての訴訟は別途進行中ですが、この和解によりRyder Rippsを相手にした訴訟にも進展があるかもしれません。

もっと詳しく»
caution
NFT

NFT詐欺に注意

NFTは、人々の想像力をかきたてるかもしれませんが、ますますリスクの高い買い物になっています。ここ数カ月、暗号資産市場全体と同様にNFTの価値が急落しているだけでなく、購入者が詐取される可能性が高まっているのです。NFTは、マネーロンダリング、脱税、制裁措置違反などの不正行為にも利用されています。

もっと詳しく»