史上2番目の ハッキング に北朝鮮が関与か?

米国財務省(The U.S. Department of the Treasury)は、先月発生したAxie Infinity(アクシー・インフィニティ)のブリッジに対する6億ドルの大規模な ハッキング の背後に北朝鮮のハッカーがいる可能性を指摘しました。まだ奪われた仮想通貨を押収できるかは不明ですが、ブロックチェーンの分析などを用いて犯罪を調査することは大切な作業です。

約6億2500万ドルのハッキングは北朝鮮によるもの?

外国資産管理局(The Office of Foreign Assets Control: OFAC)は、Lazarus Groupとして知られる北朝鮮のサイバー犯罪組織に属するイーサリアム(ETH)アドレスを特別指定国民および阻止者リスト(specially designated nationals and blocked persons list: SDN)に追加

ブロックチェーン分析会社のChainalysisも、同じアドレスがAxie Infinityのハッキングに関与していたことをTwitterで指摘しています。

人気play-to-earnゲームAxie Infinity専用に作られたイーサリアム連動サイドチェーンのRonin Networkは、3月下旬にTwitterでハッキングを発表し、Roninブリッジが173,600ETHと2550万USDコイン(USDC)、合計6億ドル以上の価値に相当する仮想通貨が盗まれたことを報告していました。

メタバース弁護士の見解

アメリカ合衆国司法省(DOJ) は過去に犯罪行為で得られた仮想通貨を押収しています。

最近では、2016年の仮想通貨取引所で起こったハッキングで盗まれた一部とされるビットコインを2022年2月8日に押収しました。36億米ドル超に相当する94,000ビットコインの画期的な押収で、これはDOJにとって過去最大の暗号通貨の押収であり、単一の金融押収としては同省史上最大となっています。

通常、盗まれた仮想通貨を押収するには、ウォレットにアクセスできる秘密鍵(Private key)を入手するか、現金化される際に用いられる取引所の協力が必要になってきます。

今回は北調整のハッキング集団が関わっているということなので、アメリカ政府が盗まれた仮想通貨を押収できる可能性は少ないと思いますが、ブロックチェーンの分析などで、犯罪に使われたと思われるウォレットやその持ち主を特定する作業はとても大切なことです。

参考記事:North Korean Hackers Behind $600,000,000 Attack on Axie Infinity (AXS), According to U.S. Treasury

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

NFT

ワーナーミュージックグループがOpenSeaと提携し、アーティストにさらなる Web3 の場を提供

9月29日、世界的な音楽・エンターテインメント企業ワーナーミュージックグループ(WMG)は、NFTマーケットプレイスのOpenSeaと提携し、厳選された音楽アーティストが Web3 コミュニティでファンベースを構築・拡大するためのプラットフォームを提供することを発表しました。この機能により、アーティストはカスタマイズ可能な専用のドロップページで、NFTコレクションや限定版プロジェクトを立ち上げることができます。

もっと詳しく»
NFT
NFT

[用途別] NFTの活用用途がもたらす新たな法律問題

NFTの利用は増え続けています。NFTは画像、動画、音楽に関連することが多いですが、開発者はNFTの新しい有用な用途を数多く検討し、試行錯誤をしています。しかし、NFTの用途が広がるにつれ、特にNFTが法律の複数の領域に触れる形で使用される場合、法的考察の幅が広がります。今回は、NFTを利用したプロジェクトの潜在的な法的影響を分析する上で、NFTを用途別に分類し、関連する法律を理解し、整理してみたいと思います。

もっと詳しく»
ai computer code
メタバース

AI は真のメタバースを実現するために不可欠な技術

人工知能( AI )は様々な分野で活用されていますが、メタバースが実用化されていく過程で不可欠な技術となるでしょう。ライフサイクルの点から見ても、初期の「過疎化」の問題の解決から、マスアダプション時の「オンポーティング」問題、更に熟成した時期における世界の作成と維持までAIは重要な役割を果たす存在になることが期待されています。

もっと詳しく»