未来のアート ギャラリー のカタチ?NYCにあるWeb3 Galleryに行ってきました!

最近ニューヨークに行く機会があったので、Web3 Galleryを訪れてみました。この ギャラリー は一等地にあり、デジタルなNFTを実際に展示・販売している珍しい空間で、NFTならではの面白い購入特典もあったので、紹介できたらと思います。

場所

ギャラリー 場所

ギャラリーの場所はNYCのど真ん中にあり、Bryant Parkのすぐ横で、5番街の道沿いにあります。一等地ですね。

ギャラリー 入り口

外見はこんな感じでのガラス張りで、中が見える感じになってます。

ギャラリー 入り口2

横には金庫見ないな入り口のメンバー限定スペースがあります。XboxのKinectを使ったギミックもあって、歩いている人の注意を引くようにデザインされています。

月曜日が休館で、それ以外の日は火曜~土曜は11時から19時まで、日曜日は12時から18時までとなっています。

ギャラリーは無料で入れて、QRコードを読み取るとアンケートが出てきますが、特に手続きもなくギャラリーの中を見ることができます。

ギャラリー の中

ギャラリー 3
ギャラリー 4

入り口付近にはBored ApeのNFT画像が飾ってありました。基本、全てのNFT画像が専用のフレームに入ったディスプレイに表示されています。

ギャラリー 5

入り口付近の目立つ場所には、(多分スペースを借りている)特定のアーティストの作品がセクションごとに並んで表示されていました。これらの作品はこのように閲覧することもできますが、QRコードをスキャンするとアーティストの作品が購入できるサイトに行くことができます。

ここまでは一般的な提携しているアーティストさんの絵を売るギャラリーですが、このキャラリー自体がミントしたNFT作品も展示されていました。

買ったNFTのスペースに好きな画像を表示できる特典

反対側の壁には、ギャラリーが独自にミントしたNFTが並んでました。古い絵画をNFT化したものらしく、DEGEN CLUBのものは100点ほどあったと思います。一見、著作権切れのアートをNFT化しただけのものに見えますが、このNFTを購入した人は、その額のスペースを自分のものとして使うことができます。上の写真でもいくつか違う画像が表示されているのがわかると思います。

面白いのが、自分が持っている別のNFTを表示することはもちろんですが、NFTの販売も可能となっている点でした。例えば、この上の写真では、いくつかの画像にQRコードが貼られているのがわかると思いますが、これらは実際にDEGEN CLUB NFTの購入者が自分のNFTを販売している様子です。

更に奥の壁には、もう少し小さいフレームのCollector’s ClubのNFTコレクションがあり、これも同様に、購入後はそのスペースに自分のNFTを展示することができます。

地元アーティストも応援

一番奥の部分になるのですが、この場所には地元のNYCで活躍するNFTアーティストさんの作品を紹介するコーナーがありました。

その他の展示

反対側の入り口に近い上で紹介した金庫のドアがある方には、Alpha Clubというセクションがあり、多分これらのフレームで紹介されているのはこのギャラリーを立ち上げるときに協力してくれた人たちのNFTを展示しているのだと思われます。

あとは、変わったところで言うと、ホログラムのNFTを紹介しているセクションもあり、立体的にイメージが見えて新鮮な感じでした。

QRコードを使ったNFTの購入

ギャラリーの従業員さんに聞いたところ、展示されているNFTはすべてアーティストから適切なライセンスを受けて展示・販売されているとのことでした。実際の販売はQRコードをスキャンしてOpenSeaで取引をする流れになるそうです。

NYCのNFT・メタバース関連のイベント会場としても

私が訪ねたときは特にイベントは開催していませんでしたが、定期的にイベントもしているようです。NYCはアートも盛んなので、NFTやメタバース関連のイベントを開催できる場所があるのはいいことですね。

デジタルな作品のフィジカルな展示場所

今回はたまたまこのようなギャラリーを見つけたのですが、NFTのようなデジタルな作品であっても、このようにギャラリーを通して物理的に作品を見て、体験できる場所があることはとてもいいことだと思いました。

まだこのようなスペースは少ないと思いますが、NFTが身近なものになっていくにつれ、様々な都市でNFT・メタバースギャラリーが出てくるのではないでしょうか?

メタバース弁護士 野口剛史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

closed-sign
法律・規制

規制 との正しい付き合い方と暗号資産の本質

バイナンスがロシア政府とつながりのある個人の口座を閉鎖しました。暗号資産は金融 規制 を回避する手段として語られる場合もありますが、取引所のKYCやブロックチェーン上のレコード等、そのような用途には不向きなものです。また暗号資産ビジネスをするには地元政府と協力していくという姿勢も大切になってきます。

もっと詳しく»
法律・規制

分散型 ドメイン 名は無法地帯?事業者と知財保有者の対話と法制度の必要性

インターネット上の ドメイン はICANNが中央集権的に管理し、秩序が守られてきました。しかし、ICANNの管轄外である「分散型」ドメイン名の登場は ドメイン 業界に大きな混乱を招いています。特に、「分散型」ドメイン名による第三者の知財侵害の可能性は高く、そのような問題を解決する手段が未だに確立されていないことが懸念されています。

もっと詳しく»
NFT

NFTライセンスにおいてよくある失敗を解決するための対処方法

ブロックチェーンやNFTはまだ新しい技術であるため、その法的基盤はまだ発展途上であり、潜在的な脆弱性が存在します。その1つにNFTに関するライセンスがあり、今後のNFT業界が普及していくには、NFTライセンスに関わる問題を解決していかなければなりません。今回は、NFTライセンスでよくある3つの失敗に対する解決策を探ることにします。

もっと詳しく»