SECが Bored Ape のクリエイターYuga Labsを証券違反の疑いで調査

ブルームバーグによると、米国証券取引委員会(SEC)は、 Bored Ape Yacht Club NFTとApeCoinトークンが未登録の証券であるかどうかYuga Labsを調査しているとのことです。

SECの調査は必ずしも告発にはならない

情報によると、Bored Ape Yacht Clubを作ったYuga Labsが株式のように機能するNFTを発行することによって連邦法に違反したかどうかをSECが調査しているとのことです。今回の調査ではNFT以外にも今年初めに発売されたイーサリアムベースのApeCoinトークンの配布に関する事柄も含まれているとのことです。しかし、現時点ではYuga Labsはまだ不正行為でSECから告発されておらず、調査は必ずしも告発につながらないかもしれないとのことです。

Yuga Labsは協力的

Yuga Labsは「政策立案者と規制当局がWeb3の斬新な世界についてもっと知ろうとしたことはよく知られています。 我々は、業界の他の人々や規制当局と協力して、急成長するエコシステムを定義し形成したいと考えています。」とコメントしており、さらに「この分野のリーダーとして、Yugaは、その過程でいかなる問い合わせにも完全に協力することを約束する。」と規制当局に協力する姿勢を示しています。

Yuga Labsの収入

Bored Ape Yacht Clubは、これまでで最も成功したNFTプロジェクトの1つで、1万個のNFTのメインコレクションは、当初1個190ドル相当のイーサリアムで一般に販売されました。この販売でYuga Labsはおよそ190万ドルを得ました。その後、フォローアップとスピンオフのプロジェクトであるMutant Ape Yacht ClubとメタバースゲームOthersideは、それぞれ9600万ドルと3億1900万ドルの収入をYuga Labsにもたらしています。

また、CryptoSlamのデータによると、BAYCは約25億ドル相当の再販取引高を生み出しています。Mutant Ape Yacht ClubとOthersideを考慮すると、さらに33億5000万ドル相当の再販取引量が上乗せされます。Yuga Labsは、これらの販売ごとに2.5%のロイヤリティを獲得しています。

Bored Ape の特典

Bored ApeのNFT所有者は、プライベートコミュニティやライブイベントへの参加、所有するイラストを使った派生アートワークやプロジェクトの作成・販売など、様々な特典を受けることができます。NFTの多くは7桁の金額で販売されており、このプロジェクトが人気を博すにつれ、多くの著名人がオーナーとなっています。

さらに、Bored Ape NFTの保有者は、Bored Ape Kennel Club、Mutant Ape Yacht Club、Otherside NFTの無料付与や、3月のトークン開始時にApeCoinの割り当てを受けるなど、過去に様々な特典を受けています。

公式には、ApeCoinはYuga Labsによって作成、発行されたものではなく、Redditの共同創設者Alexis OhanianやFTX Venturesの代表Amy Wuといった著名なWeb3ビルダーを役員に持つApe Foundationによって発行されたものです。

Bored Apeは証券なのか?

ブルームバーグの報道によれば、SECはトークンの発行と配布についてまだ調査中とのことですが、このアプローチは明らかに規制上の懸念から始まったものです。Yuga Labsとその創設者たちは、ApeCoinの立ち上げから大きな利益を得ており、現在の価格は1トークンあたり約4.75ドル、時価総額は15億ドル強となっています。

SECは、2021年4月に就任したゲーリー・ゲンスラー議長のもと、暗号・NFT市場の監視を強めています。ゲンスラーは、ビットコイン以外のほぼすべての暗号トークンが証券になり得るという見解を共有しており、Coinbaseに上場している9つのトークンを証券として命名するなど、最近の多くのアクションを追求しています。

参考記事:SEC Investigating Bored Ape Creator Yuga Labs Over Securities Violations: Report

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

telle pay later
NFT

NFTを ローン で買えるサービスが誕生、しかし課題点も

PolygonベースのDeFiレンディングプラットフォームTellerは、NFT向けの「buy now, pay later」サービスを開始しました。これによりユーザーは頭金を払って ローン を組むことによって「ブルーチップ」のイーサリアムNFTを購入し、後払いすることが可能になりました。しかしこのシステムを悪用したインサイダートレーディングにも懸念があり、ガイドラインの必要性が求められています。

もっと詳しく»
sports
NFT

著名人やスポーツ選手が NFT プロジェクトに参加する際に知財で気をつけること

近年 NFT の人気と収益性が高まっていることから、著名人は NFT を購入するだけでなく、自らもNFTをミントして市場に参入しています。しかし、 NFT には複数の知的財産権が絡んでいることが多いため、著名人によるNFTプロジェクトにはさまざまな落とし穴が潜んでいます。特に、こうしたNFTプロジェクトには、商標権、著作権、氏名・肖像権(NIL:name, image, and likeness)が絡んでいることが多いのです。

もっと詳しく»
bored ape
訴訟・係争

Bored Ape NFTsの商標権侵害訴訟でYuga Labsが開発者と和解

この訴訟は、ウェブサイトとスマートコントラクトの開発者が「誤解を招く」RR/BAYC NFTを販売することに関与しています。 Ryder RippsがBored Apesの画像を使用したことについての訴訟は別途進行中ですが、この和解によりRyder Rippsを相手にした訴訟にも進展があるかもしれません。

もっと詳しく»