スターバックス がNFTリワードのためにポリゴンを採用

スターバックス は、EthereumのスケーリングネットワークであるPolygonを利用したNFTプラットフォームを始めます。Starbucks Odysseyプログラムと呼ばれ、顧客や従業員にNFTスタンプを配布するほか、限定版NFTの販売も行う予定です。スタンプは、限定商品、プライベートイベント、旅行などの特典を提供するとのことです。

スターバックスは9月12日に、イーサリアムのスケーリングネットワークであるPolygonを通じて、顧客にNFTリワードを提供する予定であることを発表しました。NFTは、商品やイベントといったものへのアクセスを解除します。

今年後半に開始される「Starbucks Odyssey」プログラムでは、米国の顧客と従業員の両方が報酬としてデジタルスタンプを獲得し、限定版のデジタルスタンプの購入や取引もできるようになる予定です。各スタンプは、NFT、つまりデジタル収集品やアートワークなどの所有権を表すブロックチェーントークンとしてミントされる予定です。

この取り組みは、既存のスターバックスリワードプログラムの延長線上にあり、利用客はアプリを通じて課題をクリアしたり、インタラクティブなゲームをプレイすることで「ジャーニースタンプ」NFTを獲得することができるようになるとされています。

一方、限定版のNFTスタンプは同社が販売し、クレジットカードで購入することができます。そのため、暗号通貨は必要なく、「スターバックスへのロイヤルティの所有権を主張する」ことができるのだそうです。その後、Starbucks Odysseyのウェブアプリには、スタンプの所有者が自由に売買できるセカンダリーマーケットプレイスが設置される予定です。

NFTは、Odysseyアプリでのユーザーのレベルを上げ、バーチャルドリンクミックスクラスや限定商品、プライベートイベントへの参加、スターバックスのコスタリカコーヒー農場への旅行などの特典につながる可能性があるため、ユーザーにとってこのスタンプを集めるインセンティブとなります。またNFTの売上金の一部は、ボランティア活動を支援するためにも使われるとのことです。

ツイートスレッドで、NFTマーケットプレイスのNifty Gatewayが、Starbucks Odysseyのプラットフォームを提供すると述べました。BeepleやミュージシャンのThe WeekndといったアーティストのNFTコレクションで知られるこのマーケットプレイスは、最近、ブランドやクリエイターがNifty Gatewayの技術を使って独自のNFTドロップを開発できるパブリッシャーズ・イニシアチブを開始しました。

ポリゴンは、イーサリアムのサイドチェーンで、イーサリアム自身のメインネットだけで処理できるよりも高速で安価、かつエネルギー効率に優れたトランザクションを可能にするものです。コカ・コーラやRedditといった企業がPolygon上でNFTを開始し、さらにディズニーがこの夏、Web3アクセラレータープログラムにPolygonを採用するなど、近年ブランドパートナーのお気に入りとなっています。

参考記事:Starbucks Taps Ethereum Scaling Network Polygon for NFT Rewards

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

法律・規制

スマートコントラクト は古臭い契約書の代わりになるのか?

暗号資産関連のサイトに行くと古臭い紙ベースの契約書の代わりに スマートコントラクト を活用するべきというコラムをよく見ます。しかし、このような極端な考え方にはムリがあり、現実的な運用としては、スマートコントラクトと一般的な契約書を併用する形が理想的だと思われます。

もっと詳しく»
メタバース

メタ社 がVRヘッドセット市場の90%を独占

メタ社 のメタバースへの入り口となるヘッドセット「クエスト2」がVRヘッドセット市場を独占し、バイトダンス社の「ピコ」がそれに続く状況です。しかし、Appleが独自のVRヘッドセットを発売するという予想もあり、メタ社が独占を維持できるかは不透明です。

もっと詳しく»