Sudoswap はNFTの救世主になるのか?

Sudoswap は分散型NFTマーケットプレイスで、一般的な中央集権型のものとは全く異なる方法で機能します。このシンプルかつ刺激的なアイデアが、 Sudoswap をNFTの「大人気」スポットとして最近急速に注目を集めている理由の1つです。

Sudoswap とはNFTの流動性問題を最初に解決したプロトコル

Sudoswap homepage

Sudoswapは7月にスタートし、その名前はすぐに明らかになるであろう理由でUniswapをもじったもので、オンチェーン自動マーケットメーカー(AMM)を備えた最初の正真正銘の実用的な分散型NFT取引所です。

言い換えれば、Sudoswapはプロトコルであり、他のプロトコルと連動して動作するように設計されています。AMMを通じて提供される流動性は、他のプロトコルやDapps、さらにはマーケットプレイスからもアクセスすることが可能です。対照的に、OpenSeaのような巨大なNFTのマーケットプレイスはクローズドなエコシステムとクローズドなオーダーブックで、顧客は流動性を提供しますが、プラットフォームは取引手数料を取られてしまいます。

中間業者を排除することは、いつものように大きなアイデアです。NFTの流動性問題を解決しようとする試みは他にもありましたが、SudoはStatelayer、0xmons、0xHamachi、boredGeniusからなる疑似チームによって作成され、実際に解決した最初のものでした。OpenSeaやLooksRareのようなプラットフォームはマーケットプレイスですが、Sudoswapはより取引所のような運営をしています。

中間業者を排除することは、いつものように大きなアイデアです。NFTの流動性問題を解決しようとする試みは他にもありましたが、Statelayer、0xmons、0xHamachi、boredGeniusのペンネームチームによって作られたSudoは、実際にこのNFTの流動性問題を解決したプロトコルでした。OpenSeaLooksRareのようなプラットフォームはマーケットプレイスですが、Sudoswapはより取引所のような運営をしています。

アルトコインにとってのUniswapの存在が今のNFTにとっての Sudoswap の存在

Sudoswapは、UniswapがDeFiに対して行ったことをNFTスペースに対して行っているのかもしれません。

Uniswapが登場したときに大きな話題になった理由の一つは、中央集権的な取引所が通常保持している手数料を流動性を提供している側に渡し、従来のマーケットメーカーを不要にしたことです。

この仕組みは画期的で2020年のDeFi Summerに大きな役割を果たしました。もし同じようなことがNFTでも起こるのであれば、SudoswapがNFTの世界に新たなブームをもたらす火種になるのではないのでしょうか?DeFiが盛り上がった理由の1つは、AMMがアルトコインの取引に流動性を生み出したことでした。NFTが同じ軌道をたどるかもしれませんが、NFTは写真とAMMを使ったアルトコインと表現することもできるでしょう。

流動性は重要な金融ビルディングブロックであり、成功したトークンに必要な要素です。また、SudoのAMMが立ち上がるまで、NFTのエコシステムに欠けていたビルディングブロックでもあります。そして、SudoswapのガバナンストークンSUDO供給の一部は、過去にプラットフォームに流動性を提供した人々(Uniswapのような)に分配されます。この動きは、投機家を誘うので、SudoswapとそのAMMにもっと流動性を集めるかもしれません。

NFTのロイヤリティ問題

しかし、Sudoswapが天下を取ることが確実視されているわけではありません。マーケットプレイスのもうひとつの特徴であるロイヤリティをめぐる論争が、コミュニティを揺さぶっています。これまで一部のマーケットプレイスでは、クリエイターのNFTがマーケットプレイスで取引されるたびにロイヤリティ(場合によっては10%)を徴収することが常識となっていました。理論的には、自分の作品に新しい買い手が現れる限り、永遠に報酬が得られます。

関連記事:NFT購入時の ロイヤリティ は回避できる:今後のNFTビジネスにとってロイヤルティは必要なのか?

しかし、Sudoswapはロイヤリティを廃止しました。その代わり、このプロトコルでは0.5%の「取引手数料」を取り、NFTのコレクターが大幅に安い価格で取引できるようにしています。

ロイヤリティがなくてもクリエイターが Sudoswap を選ぶ理由

Sudoswapに対してはロイヤリティに関する批判があるのですが、それと対象的に自分のプロジェクトをミントするためにSudoswapを使いたいというクリエイターたちが来たことです。

クリエイターにとっての利点は、うまくすればアーティストであり、売り手であり、ブローカーであることができることです。言い換えれば、アーティストは起業家として、Sudoでプロジェクトを立ち上げ、流動性を確保し、プールから取引手数料を得ることができます。それは、従来のNFT販売で稼ぐ以上の金額になることもあるとのことです。

このアプローチを試みたコレクションでこれまで最も成功したのは、BrentsketitによるSudonautsでした。SudoのAMMを通じて販売することで、Sudonaut NFTの販売ごとにプールに流動性が加わり、より流動的で、あえて言うなら変動の少ないマーケットが形成されました。コレクターにとっては、自分のSudonautsには必ず買い手がつくという安心感があります。

Sudonautsプロジェクトは、まだ数週間しか経っていません。しかし、これまでのところ、その結果は良好です。たしかに現在のフロアプライスは0.23ETHと控えめですが、563ETHの販売量を生み出したのです。そしてその結果、流動性プールから40ETHの取引手数料を得ました。

コレクションの時価総額は59万ドル、それを支える流動性は31万5千ドルとなっています。彼は、誇大広告ではなく、長期的成長を目的としたシステムで、コレクターにとってより安全で健全な市場作りに貢献していると言えるでしょう。

Brentsketitは、この試みを、ロイヤルティに代わる「間違いなく実行可能な」ものだと断言したが、「もっと使いやすくする必要がある」とも話していました。

Sudoswapでプロジェクトを立ち上げるもう1つの例が、Treasure DAOのCEOであるJohn Pattenです。Johnは最近、SudoAMM経由で立ち上げる予定のDAO CatsというNFTプロジェクトの概要をブログで発表しました。DAO Catsは自らを「DAO所有のIP実験」と称していますが、「プロトコル所有の流動性」についても計画があります。彼らはCatsとCatcoin(NFT保有者がCat NFTをDAOの金庫に預けることで得られるトークン)の総供給量の40%を流動性プールにロックし、保有者の投票によってのみ取り出されるようになっています。

JohnのDAO Catsの目標は、「流動性を提供するために、多くの供給がプロトコルによって抑制されたNFTを作り、より信頼できるフロアプライスを作り上げること」だそうです。

「絵が付いてるアルトコイン」はバグではなく機能

NFTは「絵付きのアルトコイン」というのは極論すぎると思うかもしれませんが、遅かれ早かれクリエイターもそのように理解するようになると思いますし、それでいいのかもしれません。

NFTのコレクターを荒らすつもりはありません。しかし、NFTを「絵付きのアルトコイン」として見ることで、NFTの新しい可能性に気づくこともできます。

参考記事:Forget About DeFi Summer: NFT Autumn is Arriving

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

telle pay later
NFT

NFTを ローン で買えるサービスが誕生、しかし課題点も

PolygonベースのDeFiレンディングプラットフォームTellerは、NFT向けの「buy now, pay later」サービスを開始しました。これによりユーザーは頭金を払って ローン を組むことによって「ブルーチップ」のイーサリアムNFTを購入し、後払いすることが可能になりました。しかしこのシステムを悪用したインサイダートレーディングにも懸念があり、ガイドラインの必要性が求められています。

もっと詳しく»
NFT

NFT IPライセンス解説:“CAN’T BE EVIL” NFT LICENSE PERSONAL LICENSE (“CBE-PR”)

今回は商用ライセンスを含まない個人利用のみを想定した NFT ライセンスの雛形の解説です。現在の多くのNFTプロジェクトは商用利用を認めてないので、ほぼすべてのNFTプロジェクトはこの個人利用のみの分類に分けられるのではないでしょうか?今回紹介するCBE-PRはとても良く書けたライセンス契約なので、解説を読んで、どのような事柄が示されているかを学んでみてください。

もっと詳しく»