ティファニー が1個約5万ドルの「NFTiff」全250個を完売

ティファニー は8月5日に250個のNFTを1個5万ドル程度で販売し、20分程度で全て売り切りました。NFTGoによると、このNFTの現在のフロア価格は、それぞれ約46,000ドルで取引されているとのことです。

ティファニー がNFTに参入

アメリカの高級宝飾品小売店Tiffany & Co.はNFTデビューし、販売してから約20分で250のNFTをすべて売り切りました。各NFTは30ETH、つまり約5万ドルで販売され、同社に約1250万ドルの収益をもたらしました。

ティファニー NFT

ティファニーのNFTは「NFTiffs」と呼ばれ、CryptoPunkのNFT保有者専用のデジタルパスで、NFTを宝石やダイヤモンドを含むカスタムペンダントにする権利が与えられます。NFTiffsは、ブロックチェーン技術企業のChainによって提供されています。

ティファニーのウェブサイトによると、NFTiffsを購入した人は、8月12日までにトークンを引き換える必要があります。カスタムペンダントに関しては、来年早々に購入者に届けられる予定だそうです。NFTiffの保有者がペンダントの出荷前にトークンを売却した場合、ペンダントを受け取ることはできない、と同ウェブサイトでは書かれています。このセールでは、1人の顧客が最大3つのNFTiffを購入する権利がありました。

ティファニーはすぐにNFTiffを売り切り、一時はフロアプライス(NFTiffが現在販売されている最低価格)が販売価格より下がっていましたが、トラッカーのNFTGoによると、現在のフロアプライスは持ち直しています。

また、NFTiffの転売も行われており、NFTGoによると、その取引量は過去24時間で100万ドル以上に達したとのことです。

チェーンCEOのディーパック・タプリヤル氏によれば、ティファニーはweb3について「明確で先進的なビジョン」を持っているとのことです。NFTiffsで、同社は「記憶に残る歴史の一コマを作った」と、タプリヤル氏は販売の翌日にツイートしています。

参考記事:Tiffany sells out all 250 ‘NFTiffs’ for about $50,000 each

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

worry
NFT

NFT ロイヤリティ をオンチェーンで執行することがほぼ不可能な理由

NFTの ロイヤリティ は、作品の再販による支払いを希望するアーティストにとって大きな魅力の1つです。しかし、ロイヤリティの支払いを任意とする、あるいは一括して削除することを選択するマーケットプレイスが増えています。 そこで今回は、NFTのロイヤリティがオンチェーンで強制されず、NFTのマーケットプレイスの裁量に委ねられている理由を説明します。 

もっと詳しく»
知的財産

中国・アジアにおける デザイン特許 とメタバース

メタバースにおけるビジネスに対して商標や著作権の有効性についてはよく話されますが、意匠権( デザイン特許 )はどうでしょう?商標はメタバースで使用されるブランドを保護し、著作権はNFTを知的著作物として保護しますが、メタバースにおける非物質的商品を特徴づける形状、パターン、色の保護はどうでしょうか。これらは意匠権で保護されるのでしょうか?今回は、デジタル商品に対する意匠権の有無と、日本、韓国、シンガポールなど他のアジア諸国との比較について分析します。 

もっと詳しく»