Uniswapがユーザーから特定の データ を収集すると発表

大手分散型取引所Uniswapは、名前やIPアドレスなどの個人情報を収集しないものの、利用者のデバイスタイプやブラウザなど一部のユーザーデータを収集していることを発表しました。プライバシーを保護しつつ データ を収集しユーザー体験の向上を行うためと説明していますが、世界最大の分散型取引所(DEX)のデータ収集による業界への影響が注目されます。

プライバシーを保護しつつ データ を収集しユーザー体験の向上を

Uniswapはブログ投稿で、「透明性が鍵」であり、ユーザー体験を向上させるために特定のオフチェーンおよびオンチェーンデータを収集すると述べました。

オンチェーンデータは、ブロックチェーン上にある公開情報です。これには、購入、取引、ウォレットの転送、スマートコントラクトとのやり取りなどが含まれます。オフチェーンデータは、ユーザーのデバイスの種類やオペレーティングシステムなど、ブロックチェーンの外部にあるデータですが、それでもウォレットやそのアクティビティにリンクさせることができます。

Uniswapのブログ記事には、「私たちの最優先事項はユーザーのデータとプライバシーを保護することですが、ユーザー体験を向上させるデータ駆動型の決定を行いたいと考えています」と書かれています。

「これには、公開されたオンチェーンデータと、デバイスタイプ、ブラウザバージョンなどの限定されたオフチェーンデータが含まれます。Uniswap Labsは個人データを収集しないので、私たちが協力するベンダーも個人データを持つことはありません。」と発言しています。

Uniswapは、ユーザーの個人情報(名前、住所、電子メール、IPアドレスなど)を収集しないことも明記しています。また、「マーケティング目的で第三者とデータを共有することはない」とも付け加えています。

世界最大の分散型取引所(DEX)の データ 収集による業界への影響は?

Uniswapの更新されたプライバシーポリシーでは、サービスの改善、不正行為の阻止、バグなどのセキュリティ問題の解決のために特定のデータを収集するとされている。そして、そうしたデータは、「適用される法律や規制を遵守する」ために規制当局の役に立つとも書かれていいます。

Uniswapは、誰でもイーサリアムベースのトークンをスワップできる、イーサリアム上に構築された人気の分散型取引所(DEX)です。コインベースのような中央集権的な取引所と異なるのは、サインアッププロセスなしで誰でもUniswapを利用でき、トークンの「上場」手続きもなく、中央集権的な第三者からの事前承認なしにトークンが取引できます。

CoinGeckoによると、Uniswapは24時間の取引量で最大のDEXであり、過去1日で10億ドル以上のトークンが取引されたとのことです。

このような「大手」分散型取引所がデータ収集を行うということで、匿名性などの特徴を持ったDeFi(Decentralized Finance、「分散型金融」)業界にどのような影響を与えるかが注目されます。

参考文献:Uniswap Says It Now Collects Certain Data From Users

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

訴訟・係争

NFTの模倣は止められるのか?有名NFTスタジオが 商標侵害 訴訟を起こす

無断で有名なNFTを複製し販売したアーティストが 商標侵害 で訴えられました。しかし、オリジナルのNFT発行元は著作権による権利主張を諦めているようで、今回の流れはNFTと著作権による保護に疑問を投げかけており、今後のNFTと知財の関わり方を考えさせられるような事件になっています。

もっと詳しく»
メタバース

メタバース でビジネスをする上で法律上重要なこと5つ

メタバース はWeb3の時代に欠かせない存在として注目されていますが、まだ初期の段階にあるためメタバースを活用したビジネスをする上では課題が多いのも事実です。特に、法律上の課題も多く未知数も多いため、少なくともここに示す5つのポイントはメタバースに係るすべての人に知っておいてもらいたいです。

もっと詳しく»