米国特許庁と著作権局が NFT の知的財産への影響を調査へ

NFT への関心が高まる中、米国特許商標庁と米国著作権局が、 NFT による知的財産権への影響に関する調査を始めることになりました。すでに NFT 販売に係る知財訴訟も起こっているので、両行政機関による調査は今後の NFT と知財の関係性を明確にし、然るべきルール作りに不可欠なものになると思われます。

議員からの要請で調査を開始

NFTの調査は、6月にPatrick Leahy上院議員とThom Tillis上院議員が、急成長するNFTが知的財産権に及ぼす潜在的な影響について深く掘り下げるよう要請したことを受けて行われるものです。

両行政機関は、この要請に対応し、NFTの状況に詳しいさまざまな関係者との協議を含む行動計画を立案するための予備的な話し合いを行い、調査を実施することに同意しました。

内容としては、幅広いテーマが検討される予定で、NFTの将来の応用に伴う潜在的な知的財産の課題、NFTの所有権の移転に伴う権利、ライセンス権や侵害、NFTクリエーターに与えられる潜在的な知的財産権などが含まれます。

すでに NFT 販売における知財侵害訴訟は起こっている

NFTの領域は、ここ数ヶ月、自社製品や知的財産を侵害された企業にとって、すでに多くの問題を引き起こしています。多くの有名ブランドが、関連する知的財産権を侵害した可能性のあるNFTマーケットプレイスやプラットフォームに対し法的手段を求めています。

世界的なスポーツウェアブランドであるナイキは、2月にライセンスを受けていないスニーカーNFTの販売を通じて同社の商標を侵害したとして、オンライン再販業者StockXに対して法廷手続きを開始し、大きな話題となりました。同社は、ナイキのNFTスニーカーに、換金可能な実物の靴をセットして販売していました。

また、アメリカのラッパーLil Yachtyは、カリフォルニア州で音楽会社2社に対して商標権侵害訴訟を起こし、法廷闘争を繰り広げています。Yachty氏は、これらの会社が彼の肖像と名前を使用して、NFTのコレクションを発売するための資金として650万ドル以上のベンチャーキャピタルを調達したと主張しています。

制作会社のMiramaxも、批評家から絶賛された映画監督のQuentin Tarantinoが1994年の大ヒット作『Pulp Fiction』に由来するNFTを発売しようとしたため、2021年11月に法的手段に訴えました。スタジオ側は、Tarantinoが7つのノーカット脚本シーン、独占解説、オリジナルの手書き脚本を含むNFTコレクションを発売しようとしたため、著作権を侵害したと主張しました。

関連記事:NFT事業者必見: エルメス の商標訴訟をフォローすべき3つの理由

今後NFTが普及するにつれ、このような訴訟は更に増えることが予想されます。そのような中で米国特許庁と著作権局がNFTのIPへの影響を調査へ乗り出し、課題を明らかにしていくステップは必要なものだと思います。

参考文献:US trademark and copyright offices to study IP impact of NFTs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

メタバース

メタバース 標準化フォーラムと標準化開発組織のメリット

2022年6月21日、メタバース標準化フォーラム(Metaverse Standards Forum: MSF)が発表されました。MSFは「オープンな メタバース のための相互運用性標準を育成する」ことを目的としており、その存在はメタバース技術の発展を加速させる可能性があります。この記事では、標準化団体(standards development organization: SDO)の概要と、SDOがどのように競合企業間の協力を通じて技術を発展させているかを紹介します。また、MSFが知的財産を含め、SDOとの差別化を図る方法とその理由についても探っていきます。

もっと詳しく»
global world
NFT

メタバース ビジネスの知的財産権、独占禁止法と、国際情勢

今後 メタバース が成長し巨大市場になることも予測されている中、 メタバース に取り組んでいる、または取り組もうとしている企業も多いことでしょう。そのために、今回は メタバース ビジネスを展開する上で、重要な知的財産(IP)および独占禁止の問題を検討し、特にアジア市場を中心とした国際情勢を解説します。

もっと詳しく»