バーチャルグッズとNFT – ゲーム、ソーシャルメディア、メタバースにおけるデジタル資産のIP保護

デジタルアセットやNFTの流行により、欧州連合知的財産庁(EUIPO)は、バーチャルグッズやNFTを対象とした商標の申請を受ける機会が増えています。商標は対象となる商品や役務を分類から特定して出願する必要があるのですが、この規制上の分類は今後予想される現実と仮想現実が複雑に折り重なるデジタル・ メタバース 時代に対応しているのか?という点で、大きな関心が寄せられています。

ゲーム産業のパイオニア的役割

仮想通貨やデジタルアセットは、デジタル上で発行、購入、取引されます。現実世界に存在する商品やサービスはデジタル化され仮想世界でも使われることがよくあります。それだけでなく、現実世界と異なり、デジタルアイテムは拡張や変更、新機能を付けることが可能です。ゲーム業界では従来、バーチャルグッズは主にアバター用のスキン、服、アクセサリー、装備、武器などのゲーム内アイテムとして利用されてきました。

ブロックチェーンを導入することで、デジタル資産の個別化、譲渡や所有権の明確な記録、追跡が可能となり、二重売買のリスクを排除し、ゲーム内のアイテムを個々のゲームのエコシステム外で取引できるようにし、二次販売におけるロイヤリティの追跡を容易にすることでマネタイズを促進することができます。

ゲーム開発者は、すでにトークン化されたデジタル資産に大きな投資を行っています。DecentralandやThe Sandboxといった新興のゲームでは、すでにデジタルランドを売買し、建築物を建てることができます。ゲーム開発会社のUbisoftは、ゲームにNFTを導入し、「Ubisoft Quartz」プラットフォームを通じて、プレイヤー間の取引をオープンにしています。デジタルアセットは、ブランド、ゲーム会社、ソーシャルメディア運営会社、アーティスト、取引所間のクリエイティブなコラボレーションの新しい機会を提供するものです。メタ−バースはこれからも存在していくことでしょう。

ヨーロッパの メタバース への対応について

これを受けて、EUIPOは、2023年の新ガイドライン案で、これらのトレンドとなる商標保護の対象の適切な分類について取り上げています。ステークホルダーは2022年10月3日まで、このドラフトに対して意見を述べることができます。

デジタル資産の商業資本化は、仮想通貨やNFTに関連する用語を対象とした商標出願の増加など、基盤となる知的財産権の保護に向けた取り組みを伴っています。EUIPOはガイドラインで仮想グッズを「オンラインコミュニティやオンラインゲームで購入・使用される非物質的アイテム」と定義し、分類の第9類に分類しています。つまり、デジタルコンテンツや画像として扱われることになります。「仮想グッズ」という用語は、「ソフトウェア」と同様、もちろん明確性や正確性に欠けるため、出願人は、仮想グッズがどのコンテンツに関連するのか、例えば「ダウンロード可能な仮想グッズ、すなわちデジタルアート」のように、より詳細に特定するようアドバイスされています。

EUIPOの最新の分類第12版では、NFTに関する用語に注意が払われています。第9類には、「非代替トークン[NFT]によって認証されたダウンロード可能なデジタルファイル」が含まれます。EUIPOは、NFTを 「デジタルアート作品や収集品などのアイテムの所有権を記録する手段として使用される、ブロックチェーンに登録された固有のデジタル証明書」と呼んでいます。もちろん、NFTはデジタルオブジェクトそのものを表すものではなく、あくまで証明の手段です。そのため、商標の保護範囲を特定するための追加的な機能です。したがって、NFT によって認証されるバーチャルグッズの種類も商標の仕様に含まれなければなりません。許容される用途の例として、EUIPO は 「NFT によって認証されたダウンロード可能なデジタルアート」を挙げています。

また、第9類はダウンロード可能なバーチャルグッズのみを対象としている点にも注意が必要です。ダウンロードできない仮想商品の提供は、第35類~第45類について確立された分類原則に従って、問題の特定の提供に対応するサービスとして分類されます。クラス 35 のサービスの例を挙げると、以下のようになる。「非代替トークン(NFT)で認証されたダウンロード可能なデジタルアート画像のオンラインマーケットプレイスの提供」。

米国特許商標庁(USPTO)のIDマニュアルの最新版では、クラス9、35、41について、EUIPOガイドラインと同様のガイダンスが示されています。

メタバース 世界などにおける仮想資産の商標保護の確保

現在までのところ、仮想通貨およびそのNFTによるトークン化の知的財産保護の範囲について、定まった判例からガイダンスを得ることはできていません。例えば、物理的な商品とその仮想的な対応物との間に商標法上の類似性があるのか、などです。

現実の商品に対する既存の商標保護は、デジタル世界には及ばないことは明らかです。したがって、デジタル資産に進出するブランドオーナーは、自社の商標ポートフォリオを監査し、EUIPO、USPTO、その他の商標庁が発行するガイダンスに沿って新規出願を行い、必要な保護を得ることをお勧めします。

仮想商品の新規商標出願の適切な分類とNFTによるトークン化は、最初の一歩にすぎません。急速に進化する仮想世界は、現実世界と同様に、ブランド認知や評判をめぐる戦場となり、模倣やフリーライドを招き、やがて専門的な規制や判例の源となることでしょう。

それまでにゲーム、デジタル資産、オンライン規制の国際的な知識を持った専門家と協力し、NFTコラボレーション契約や商標、デザイン、著作権保護戦略から、メタバースエコシステムのオンライン執行や複数管轄の規制に関するアドバイスを得て、賢くメタバースをナビゲートする事が必要です。

参考記事:Virtual goods and NFTs – IP protection of digital assets in gaming, social media and the metaverse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

知的財産

2023年にメタバースとNFTが知的財産保護に与える影響の見通し

2023年、メタバース、ブロックチェーン技術、暗号資産に関連する知的財産の問題は、ブランドオーナーや新規参入・活動拡を計画する大企業にとって引き続き重要な問題になると考えられます。2022年には2つのメタバースとNFTの訴訟がおこり、2023年にも注目すべき重要な訴訟となりました。MetaBirkins NFTをめぐるエルメスの訴訟と、StockXに対するナイキの訴訟です。

もっと詳しく»
apparel store
NFT

MetaBirkin訴訟における判決はファッションとメタバースの未来をどう変えるのか?

世界のファッション市場は、メタバースとNFTの出現により、前例のないデジタルトランスフォーメーションを経験しています。メタバースはまだ初期段階にあるため、ファッションブランドは、Hermes v. Rothschildの「MetaBirkin」紛争を、メタバースにおける商標権侵害の構成要素に関する将来の境界線を定めるのに役立つ力を持つケースとして注視してきました。

もっと詳しく»