ウォルマートが メタバース に参入: Robloxでサービスを開始

小売大手のウォルマートは、ゲームプラットフォーム「Roblox」で2つの新しいサービスを開始しました。ウォルマートはすでに昨年の12月末にメタバース関連の7つの商標を申請し、 メタバース への参入が噂されていましたが、Robloxでのサービス開始で、本格的な メタバース 事業が始まるかもしれません。

今回発表された声明によると、Walmartは、Walmart LandとWalmart’s Universe of Playと呼ばれる2つの空間を作りました。Walmart Landにはバーチャルグッズの店があり、Universe of Playにはさまざまなおもちゃの世界やゲームが含まれる予定です。

Walmart U.S.の最高マーケティング責任者であるWilliam White氏は、声明の中で、「Robloxは、メタバースにおいて最も急速に成長している最大のプラットフォームの一つであり、当社の利用客がそこで多くの時間を過ごしていることを知っています」と述べています。「そのため、私たちは、ワクワクするような新しく革新的な体験を生み出すことに注力しています。これは、利用客が生活するコミュニティですでに行っていることであり、現在は、利用客が遊ぶ仮想世界でも行っています。」とメタバース参入の理由を語っています。

参考文献:Walmart Dives Into Metaverse With Launches in Roblox

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

メタバース知財と法務について

このサイトは、メタバースやNFT、クリプトゲームという最先端の分野における知的財産や法律の話題をまとめたものです。情報源は主に英語圏の媒体をベースにしていますが、日本語で書かれているだけでなく、専門家でなくても理解できるように解説されているメタバースやNFT、クリプトゲームに興味のあるアーティスト・ビジネスマン向けのサイトです。より詳しく>>

追加記事

locked-door
NFT

スマートコントラクト のミスにより3400万ドルのETHがロックアップされる

AkuDreamsと呼ばれるNFTプロジェクトは、 スマートコントラクト のバグを悪用した攻撃に遭い、その結果、3400万ドルに相当するETHがスマートコントラクトから引き出せなくなりました。コーディングのエラーは死活問題になりかねないので、最新の注意を払い、十分な監査や懸賞金プログラムなどの仕組みも考慮するべきでしょう。

もっと詳しく»
stop
法律・規制

Tornado Cash の制裁は始まりに過ぎない

先週 アメリカ政府が Tornado Cash を制裁し、暗号資産のDeFiセクターはコンプライアンスを重視するのか、反旗を翻すのか、という非常に難しい選択を迫られています。しかし、今回の動きで制裁が完璧でないことも露呈されたので、今後どのような規制・制裁が暗号資産業界で起こるのかも興味深いところです。

もっと詳しく»
法律・規制

スマートコントラクト は古臭い契約書の代わりになるのか?

暗号資産関連のサイトに行くと古臭い紙ベースの契約書の代わりに スマートコントラクト を活用するべきというコラムをよく見ます。しかし、このような極端な考え方にはムリがあり、現実的な運用としては、スマートコントラクトと一般的な契約書を併用する形が理想的だと思われます。

もっと詳しく»